2018年11月18日

紅葉柿の葉寿司

奈良の紅葉は美味しい。
この時期の柿の葉寿司は紅葉バージョン(^-^)
「山の辺」の紅葉柿の葉寿司

意外と私の周りの奈良県民も紅葉柿の葉寿司を知ってる人が少なかったのでご紹介。
上の写真は昨年のこの時期に桜井の「山の辺」で買った紅葉柿の葉寿司。確か平日のオープン直後くらいに行って1時間待った記憶が(^^;

そして今年も紅葉柿の葉寿司を求めて、ナメゴ谷の帰りに川上村にある2軒の柿の葉寿司屋さんに寄りました。

まず1軒目は大滝茶屋。お店に入るとおばあちゃん達が包んでいて、
「あと80個しかなくて…」
あっ、80個も買いませんので(^^;
「でも予約が入ってるから、残りが7個。」
先に7個って言って(笑) もちろん7個購入。ギリギリセーフ!
大滝茶屋の紅葉バージョン

そしてもう1軒、松屋さんの柿の葉寿司はほんのり紅葉。
ゆったりした時間が流れる店内でおじいちゃんが包んでくれました。
松屋の紅葉柿の葉寿司

この日の柿の葉寿司はこれで終わらず、金峯山寺の近くにあるひょうたろうでも購入。ひょうたろうは「以前は紅葉を出していたけど、今は全部青い葉です」とのこと。

写真の左から、大滝茶屋、ひょうたろう、松屋。
柿の葉寿司

大滝茶屋は買ってすぐに食べた時は鯖が塩辛かったけど翌日は馴染んで美味しくなってました。 ひょうたろうの酢飯が一番甘く、松屋は鯖も塩辛くなくて全体的にマイルド。私はこの中だったら「ひょうたろう」が好みかな。

包む葉や食べるタイミングによって風味が変わる柿の葉寿司。ビジュアル的には紅葉がオススメだけど、青葉の方が柿の葉の風味があって美味しいかと思います(^-^)
posted by トモくま at 22:15| Comment(0) | おいしいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

上北山村のナメゴ谷

「天に昇る龍」を見たくて、先週の日曜日、上北山村のナメゴ谷へ。シロちゃんと朝5時集合。遊びに行く時は早起きできる(笑)

上北山村の11/2のブログでは「紅葉真っ盛り」と書かれてたので期待して見に行ったけど…
ナメゴ谷の天に昇る龍

先週は見頃だったみたいだけど、もう龍が白かった(^^;
尾根だけ紅葉する広葉樹が植わってて秋になると龍が現れます。

6:45に到着した頃は日がまだ当たっておらず靄もかかって山全体がかなり白かったけど、8:45頃まで粘ってなんとかこんな感じ。
上北山村のナメゴ谷

周りの山はきれいに紅葉してました(^-^)
っていうか、写真撮るのに2時間も滞在してたのなんて初めてかも。
もちろんこのあと真っ直ぐ帰るワケはなく、

●上北山村のナメゴ谷
 ↓
●道の駅杉の湯川上、山幸彦まつり
 ↓
●松屋、大滝茶屋で柿の葉寿司
 ↓
●金峯山寺 ★秘仏特別開帳
 ↓
●明日香のcafeことだまでお茶して帰宅

寄り道しすぎ(笑)
posted by トモくま at 17:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

青森・秋田旅行記【INDEX】

青森・秋田旅行記2018
  【0】青森・秋田旅行記 行程表
  【1】プロペラ機に乗って青森空港へ
  【2】学校カフェの「ひめトロ丼」
  【3】十和田湖と乙女の像
  【4】十和田神社で御朱印
  【5】奥入瀬渓流
  【6】星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
  【7】あおもりシードルと奥入瀬ビール
  【8】弘前アップルパイ(1)アンジェリック
  【9】弘前アップルパイ(2)大正浪漫喫茶室
  【10】鰺ヶ沢でわさおに挨拶
  【11】地魚屋食堂たきわ
  【12】五能線沿いをドライブ
  【13】白神山地の「青池」
  【14】入道崎
  【15】男鹿半島のゴジラ岩
  【16】秋田きりたんぽ屋
  【17】金農パンケーキ
  【18】秋田駅ビル「トピコ」で秋田土産
  【19】角館の武家屋敷と青柳家
  【20】角館「ふきや」で稲庭うどん
  【21】乳頭温泉郷の蟹場温泉
  【22】田沢湖とたつこ像と浮木神社
  【23】御座石神社で御朱印
  【24】秋田空港から伊丹空港へ


10年経てば前に見た風景もまた違って見えて、2度目の青森・秋田だったけど楽しかったなぁ。
そして旅行から帰って1ヵ月ほど経って先輩とゴハンを食べながら出た今回の旅行の反省点は、「なぜ秋田で日本酒をあまり飲まなかったのか」。
ということで、次にこのメンバーで旅行に行くなら「ゆっくり酒飲みツアー」でもいいな(笑)
posted by トモくま at 14:00| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

【24】秋田空港から伊丹空港へ

そして御座石神社からノンストップで秋田空港へ。ほぼ予定通り空港に到着〜!
無事故無違反でレンタカーを返却。今回のレンタカーは白のVitz。走行距離は630km。雨の中走ってたので返却する時に見たらドロドロでした(^^;
今回のレンタカー

空港のJALカウンターでチェックインしようとしたら、予定してたJALが40分以上遅れるとのことで、今なら当初の予定より30分早いANAに変更できます!と言われ、変更手続きをして急いで搭乗口へ。
秋田空港で買おうとチェックしてたハタハタ寿司が…、バータ餅が…。お土産屋さんを横目に小走りで素通り。

行きと同じANAのプロペラ機に乗って伊丹空港へ。伊丹のターンテーブルで荷物を待っていたら先輩の荷物が出てこない。どうやら別の人が間違えて持って行った模様。スタッフさんに連絡し、そこから無線が飛ばされ、少し待つと「バス乗り場で間違えられた方を見つけました!」と。すごいな!

最後の最後にこんなハプニングがあったけど、無事帰宅。今回もよく動きまわった旅行でした(^-^)
posted by トモくま at 18:57| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

【23】御座石神社で御朱印

当初は来る予定をしていなかった御座石神社(ござのいしじんじゃ)。田沢湖もちょろっと通る予定が結局半周以上したような(^^;

こういう階段を登ると社殿が見えてくる雰囲気がスキ。
御座石神社

御座石神社はたつこ像から離れていますが辰子姫が祀られてる神社だそうで、境内にたつこ姫像がありました。こちらのたつこ姫は下半身が龍(ちと蛇っぽい)なのでちょっと怖いけど(^^;
辰子伝説に興味のある方はこちらをどうぞ。
→辰子伝説

そしてお参りをしてから御朱印を。
御座石神社の御朱印

右のページだけだと300円。左のページももらうとプラス300円。せっかく秋田まで来たので見開きでいただきました。遠方でもらう御朱印は嬉しいな。
posted by トモくま at 13:18| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

【22】田沢湖とたつこ像と浮木神社

乳頭温泉からぼちぼちと秋田空港に向かいながら、田沢湖で寄り道。
たつこ茶屋で発祥の「味噌たんぽ」を食べようと思ったら、休みじゃん…。私のこの日のおやつが…。

しょうがないので、田沢湖沿いを走って「たつこ像」へ。
田沢湖とたつこ像

ずーっと前に韓国ドラマのロケ地で韓国からの旅行客で賑わっているというニュースを見た記憶があるけど、もうブームも過ぎ去りこの日は閑散としてました(^^;
田沢湖は日本で最も深い湖だそうで、きっと晴れてたら青くでキレイだったんだろうなぁ。

こちら、たつこ像のすぐ近くにある浮木神社。
田沢湖の浮木神社

御朱印がもらえると書いてあったので、拝殿を1周したけど開いてないし人のいる気配もない…。たつこ像の前にある売店のおばちゃんに尋ねたら「今日は休みだけど、5kmほど走ったところにある御座石神社で御朱印がもらえるよ」と教えてくれたので、少し時間があったので御座石神社へ向かうことに。

ご参考までに、たつこ像と浮木神社の位置関係。
田沢湖とたつこ像と浮木神社

遊覧船も乗ってる人が少なく、ちょっと寂しい田沢湖でした。
posted by トモくま at 18:14| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

【21】乳頭温泉郷の蟹場温泉

角館から今度は乳頭温泉郷へ。
今回、青森〜秋田をドライブしてて、有名な温泉の看板を横目になかなか入る機会がなかったけど、最終日やっと念願の乳頭温泉へ。

乳頭温泉郷には7つの温泉宿があって、鶴の湯に行きたかったけど、月曜日は露天風呂が定休。ということで、一番奥にある蟹場温泉へ。なぜ蟹場温泉にしたかというと、これまたJTBクーポンがあったから(笑)
乳頭温泉郷、秘湯のイメージが強かったけど、道も整備されてて普通に車で行けます。ただ、1つ1つの温泉宿が離れてて、お土産屋さんとかもないので、そういう温泉街を期待して行くと違いますが…(^^;

そして蟹場温泉に到着〜!
乳頭温泉郷の蟹場温泉

フロントで「女湯は内湯が2つ、露天が1つあります」と教えてもらい、廊下を進み浴場へ。上の写真の右側の赤い屋根のあたりが浴場ゾーン。
浴場はまとまって1つにあるのではなく分かれていて、それぞれに脱衣所があり何度も着脱するのが面倒なので、どれか1つにしようと3つのお風呂をのぞいて、一番奥にあった内湯に決定。
ちなみに女湯は3つともほかにお客さんがいなくて、どれも貸切状態でした。

お湯は適温。内湯といっても開放的で癒される〜。
浴場の写真は撮れなかったけど、このページの窓に緑が広がってる内湯の写真↓。
http://www.nyuto-onsenkyo.com/ganiba.html
(これはたぶん男湯だけど、女湯もほぼ同じ)

冷えた体もしっかり温まったけど、入浴中に扇風機の前で乾かしてた靴下がまだ半乾きで冷たいのが残念でならない(笑)
またいつか乳頭温泉郷に行くなら、鶴の湯か妙乃湯でゆっくりしたいなぁ。

★乳頭温泉でみた湯めぐりバス。風呂桶がのってました(^-^)
乳頭温泉の湯めぐりバス
posted by トモくま at 12:10| Comment(2) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

【20】角館「ふきや」で稲庭うどん

お昼ゴハンは角館の「ふきや」で稲庭うどん。
稲庭うどんは関西でも食べられるけど、やっぱり本場で食べておかないと♪
ふきやは角館で唯一「七代佐藤養助」の稲庭うどんが食べられるお店だそうです。そしてここもJTBクーポンで(^-^)
角館「ふきや」で稲庭うどん

「冷やしも温うどんもどちらもできますよ」と店員さんが言ってくれて、気温も低く、雨に濡れて温かいモノが恋しかったけど、冷やしの方が稲庭うどんの良さが分かるというので冷やしで。細くてツルっとしてて、コシもあって、やっぱり稲庭うどんは美味しいなぁ。

旅行中ずっと食べ続けてるので、この日はホテルの朝食バイキングもおかわりできないくらいに胃がおかしくなってたけど、稲庭うどんは食べらました(^-^)
だし巻き玉子も梅のおにぎりも優しいお味で完食。さっ、旅行もそろそろラストスパート!

●ふきや
http://www.kakunodate-fukiya.com
posted by トモくま at 23:08| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

【19】角館の武家屋敷と青柳家

この日はまぁまぁの雨。っていうか警報が出てた割にはなんとか散策はできる降り方だったので、雨ニモマケズ角館を散策。

大きな駐車場にとめて、まずは角館樺細工伝承館へ。旅行に行く少し前にマツコの知らない世界で紹介されてた伝統細工「イタヤ狐」を探しに。イタヤ細工は売ってたけど、イタヤ狐は毎年入荷時期が決まってるそうで、本年度分は売り切れとのこと。残念…。

そして武家屋敷通りを歩いて角館歴史村 青柳家へ。いくつかある武家屋敷からなぜ青柳家を選んだかというと、こちらもJTBクーポンに青柳家の入場&お茶菓子クーポンがあったので♪

こちら、青柳家の入口。
角館歴史村 青柳家

雨でしっとりした武家屋敷も風情があってイイ感じ。
って、スニーカーは雨が染みて靴下までべちょべちょでテンションは下がり気味だったけど(^^;

青柳家は「角館歴史村」というだけあって、中に入ると棟ごとに鎧や刀、書物や写真などいろいろ展示されていました。展示物を見てから、ちょっといっぷく。
角館歴史村 青柳家

お茶菓子に付いてきたのは生あんもろこし。
このお茶処のお隣にトピコで買ったくら吉のお店があったので、たぶんこの生あんもろこしもくら吉のでしょう。

青柳家は想像してたよりも広く、じっくり見てると結構時間がかかると思いますが、トモくま行程表の時間が押してたので、さらっと見てからお昼ゴハンへ。

★おまけ
お昼ゴハンのお店へ向かってる途中で撮影。秋田の工事現場用のバリケード?はなまはげクンでした。
秋田の工事現場用のバリケード
最近、旅行先でこれの色んなシリーズを探すのが楽しみで。ちなみに奈良はもちろん「鹿」です。
posted by トモくま at 23:03| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

【18】秋田駅ビル「トピコ」で秋田土産

3日目、金農パンケーキを買いに走ってから部屋に戻って朝の身支度。ホテルで朝食を食べてから秋田駅まで散歩。どうでもいいけど、秋田キャッスルホテルの朝食のオムレツ(目の前で焼いてくれるやつ)、おいしかったなぁ。

秋田駅に来たのは電車を乗りに来たのではなく、駅ビルのトピコにお土産を買いに。ここで秋田土産が揃いそうだったので。トピコの2Fにあるお土産フロアをぐるっと回って買った戦利品たち。
トピコで秋田土産

左上から時計回りに
佐藤養助商店の「稲庭うどん」
・秋田白神食品の「おかずがっこ」
・秋田銘菓「金萬」生タイプ
くら吉「生あんもろこし(紅葉あん)」
諸井醸造の「秋田しょっつる」
川口屋の「金のバターもち」
蕗月堂の「秋田のバター餅」

最近はネットでなんでも買えるので、できるだけ秋田でしか買えなさそうなのを探してみました。と言っても、稲庭うどんは関西でも買えるし、佐藤養助商店のも通販で買えるけど…(^^;

生タイプの「金萬」を買えるのは秋田市内の販売店のみ!
バター餅はケンミンショーで見てからずっと食べてみたかったので、2つ買って食べ比べ。川口屋のが柔らかくて甘め、蕗月堂のがお餅が食べ応えあってバターの風味がよかったな。

調味料好きとしては秋田に来たなら「しょっつる」は外せないでしょ!事前に調べて諸井醸造のが良さげだったのでトピコにあればいいな〜と思ったら、ちょうどいいサイズのが売ってました(^-^)

ハタハタ寿司とかも買いたかったけど、とりあえずトピコでは常温で持って帰れそうなものだけを。再びホテルに戻って荷造りをしてから、角館に向かって出発!
posted by トモくま at 18:12| Comment(0) | 青森・秋田旅行記_2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする