2015年08月31日

【27】九份の阿妹茶酒館(阿妹茶楼)

九份の阿妹茶酒館、写真スポットとして有名で付近ではみんなカメラを向けていますが、お店の中は意外と空いてて待たずに座れました。
テラス席に案内してくれたけど海の近くの高台ということもあり、台北市内より全然涼しくこれならテラスでもゆっくりお茶が飲める。ちょうど日暮れで海も見渡せて、いい感じです(^-^)

お茶(烏龍茶)は熱いのか冷たいのかを選べて、冷たいのはどうやら作り置きしてあるのを注いでくれるだけみたいだけど、熱いのを注文すると台湾茶の作法を教えてくれます。
阿妹茶酒館でお茶を

香りをたのしみ、味を楽しむ。癒される(^-^)
テーブルの側にお湯を沸かしてある茶瓶が置かれてるので、2回目からは自分で淹れます。茶葉もたっぷり置いてくれてて、1回で小さい湯飲みに4杯ずつくらい飲めるんだけど、それが3回分くらいあるから1人12杯…。いや、そんなに飲めないし(^^;
ゆっくりお茶を飲みながらお菓子を。
阿妹茶酒館の茶菓子

ゴマ煎餅に甘い梅干し、きなこ餅、落雁みたいなの。このお菓子、ぜんぶ甘かった(^^; 日本人としては間に醤油味のおかきを食べたいところだけど(笑)
お茶とお茶菓子4種類がついて300元。時間を気にしなくてもよかったらここで2時間は喋ってられるな。

そして外にでるとすっかり日も暮れて、阿妹茶酒館の外観はまた違った雰囲気に。
夜の阿妹茶酒館
posted by トモくま at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

【26】九份の阿柑姨芋圓

九份名物、芋圓(タロイモの白玉団子)。ネットやガイドブックで調べてると人気のお店が2店あって、1つは基山街のアーケードにある「頼阿婆芋圓」、もう1つが豎崎路の階段を最後までのぼったところにある「阿柑姨芋圓」
口コミを読んでると阿柑姨芋圓の方がよさそうだったのでこちらに。先にョ阿婆芋圓の前を通ったら、お客さんがいっぱいでした。

豎崎路の階段をのぼっていくと、あっ、行列発見…。でもそんなに待たずに注文できました。温かい or 冷たいを選び、豆の種類を選びます。ということで、冷たい方でお豆は「綜合豆」というミックスで。

芋圓を買って奥に進むと基隆湾を見渡せるイートインスペースがあったけど、人も多かったし外の方が涼しそうだったので、小学校の前にある階段でに座っていただきまーす!
阿柑姨芋圓

写真左が買ったときの状態。これをスプーンでしゃくしゃくすると、下に氷がはいってるので写真右のようになります。団子入り冷やし汁粉みたいな感じ。
うん、芋の味がするお団子で、甘さ控えめで普通に美味しいけどそんなに印象に残る味でもないかな(^^; たぶんその場で2店の味を比較しないと、次回行ったときに食べ比べても分からないような。
休憩がてら、小腹を満たすにはぴったりのスイーツでした。
posted by トモくま at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

【25】九份

台湾の観光スポットの1つ、九份。ジブリの「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったと言われてる場所です(ジブリは否定してるみたいだけど(^^;)。台北からは電車とバスを乗り継いで行けるけど、これまたオプショナルツアーがお安かったのでJTBバスでビューンと連れてってもらいました。途中、観光バスは付近まで行けないみたいなのでローカルのバスに乗り換え、九份に到着。

オプショナルツアーと行っても現地まで連れてってもらうだけで、2時間自由行動。ということで、九份散策スタート。わぉ!想像してたより細い路地に人がギュウギュウ(^^;
九份 基山街

スタート地点の基山街というアーケードは飲食店やお土産物屋さんが両サイドに軒を連ねてて、左右キョロキョロしながら前へ。途中で臭豆腐の香しい匂いも(笑)
そして基山街から豎崎路に抜け階段をのぼっていき、お目当ての芋団子屋さん「阿柑姨芋圓」へ(阿柑姨芋圓ネタはまた後ほど)。ここで一旦休憩して水分と糖分を補給してから豎崎路を少し下って、九份茶房のある通りの方へ折れて海の見えるスポットへ。
九份から基隆湾

九份は高台にあるので基隆湾も見渡せます。これで18時半くらいかな。ここから更に少し奥に入って行くと、少しローカルな通りに。メインの基山街や豎崎路よりグッと人が減ります。
九份の少しローカルな通り

そしてまたギュウギュウの豎崎路に戻り写真スポットへ。
ハイ、九份と言えばこの写真でしょう。阿妹茶酒館。
九份 阿妹茶酒館

確かに湯婆婆の湯屋っぽい。写真を撮るだけではアレなので、ここも中に入ってまったりお茶してきました(阿妹茶酒館ネタもまた後ほど(^^;)。
阿妹茶酒館で30分以上お茶してたかな? 外にでるとぐっと人が減ってる。みんな帰って行く時間なんですね。
そして階段を下っていくと、レトロで雰囲気のある広場へ。どこかノスタルジックで風情があります(^-^)
九份 豎崎路

ここを更に下ると九份バス停。集合時間にはちょっと早かったのでまた階段をのぼり基山街の方まで戻ったのに、結構お店が閉まってるじゃん…。観光客が帰って行くのに伴い、20時ごろにはほとんどのお店が閉まるようですね。なんか軽く食べられるものでも買おうかと思ったのに。

でもまぁ、ちょうど日暮れから夜になるまで、いい時間に滞在しました。
九份は海の近くだし雨が多いそうですが夕立にすらあいませんでした。しかもこの日はブルームーンの翌日だったこともあり、帰りのバスの中から一瞬、九份と一緒に見えた月がスゴく大きかった! 現地ガイドさんすら「こんなの初めて!誰か写真撮ってませんか??」って。ラッキーな日に来れてよかった(^-^)
posted by トモくま at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

【24】春水堂のタピオカミルクティー

夕方からオプショナルツアーを予約してたので、その集合場所に近い台北駅界隈へ。西門駅から台北駅は1駅なのでMRTに乗ってもよかったけどブラブラ歩いて行くことに。お店の多い通りを歩いてたし、そんなに時間かからなかったかも。

で、少し早めに行って新光三越 B2の春水堂へ。春水堂は珍珠奶茶(タピオカミルクティー)発祥のお店だそうで、台北にも何店舗かありました。
お店の前まで行くと結構席が埋まってたけどスグに案内してくれました。よし、オプショナルの集合時間までゆっくりお茶しよう!
春水堂、思ってたよりドリンクもフードメニューも豊富。でもまぁ頼むのはタピオカミルクティーですが。サイズは中と小があって、タピオカ(というか餅系)が好きなイタさんは迷わず中サイズ。私は小で。

メニュー表に注文を書いてレジまで持っていってお会計。そしてテーブルに戻って待ちます。待ちます、、、ドリンクだけなのになかなか来ない。そして注文してから30分でようやく到着。ぎゃー、15分で飲まなきゃ(^^;
春水堂のタピオカミルクティー

写真では中と小の大きさがあまり変わらないように見えますが、倍くらい違います(^^; 中サイズは大ジョッキくらい(笑)
グラスの上のふわふわはクリームではなくカプチーノの上の泡みたいなのです。まっ、想像通りの味です。最後の方はストローでタピオカを狙い撃ち。タピオカ残さず食べました(^-^)

飲み出してからかなりバタバタ。残念ながら三越のデパ地下をほぼ見る時間がなかったけど、こっちのが台北101より私がスキそうな感じでした。
で、オナカちゃぷちゃぷモチモチのまま、オプショナルツーアで今回の観光のメインイベント「九份」へ。
posted by トモくま at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

【23】阿宗麺線

台北101から一旦ホテルに戻るためまたMRTで西門駅へ。中途半端な時間にアイスモンスターで食べたのでお昼ゴハンがまだだった(^^;
西門駅近くにある行列ができるお店、阿宗麺線。4日あればいつでも食べられるか…、と思ってたらいつもオナカいっぱいで3日目にしてやっと食す。

お昼ごろ、初日に見たより行列少なめ。列ができてても回転が速いのでそんなに待ちません。
メニューは麺線のみ。レジで大(65元)か小(50元)を注文。お店の人が「パクチーだいじょうぶ?」って聞いてくれます。はい!大好きです(笑) レジでお金を払って、隣でどんどんカップに入れてくれるのでそれをもらいます。
阿宗麺線

はい、できました。これで中サイズ。半分コしたけどおやつにちょうどいいサイズ。
阿宗麺線

麺はくたくたに煮た素麺みたいなの。にんにくのきいたカツオ醤油出汁にパクチーが入ってて、なんか懐かしい味なのにアジアンテイスト。食感のある豚モツも入ってて、これはクセになる味(^-^)
酢、にんにく、チリが置いてあって好みの味にできるみたいだけど、私達は何も入れず。地元のお姉さんはにんにくとチリをどばっと入れてけど(^^;

椅子が少しだけあるけど、ほとんどの人が立ち食い。何度か前を通ったけど、夜も結構混んでました。
そしてクセになるこの味、最終日にも大サイズを半分コして食べちゃいました(^^; 海外で二度同じ店で同じモノを食べるなんて珍しいです。
posted by トモくま at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

【22】台北101

アイスモンスターを出て、台北のランドマーク「台北101」に向かって歩く。体が冷えきったので外の暑さが有り難い(笑) ちょっと歩いた交差点から。あっ、見えてきた!
台北101に向かって

もう少し歩く。ニョキッと高いです。
台北101に向かって

途中、日陰が全くない国父記念館の公園を横断。
きっと、このあたりで糖村のヌガーが溶けたな(^^;
国父記念館

そしてようやく真下に到着〜
台北101到着

ドバイのブルジュ・ハリファに抜かれるまでは世界一の高いビルだったそうです。中はショッピングモールやレストランが入ってて、フードコートもあるし、デパ地下的なお店を期待してたけどこれはイマイチ。でもパイナップルケーキのお店が揃ってて試食もあちこちあったので、有名店まで行くのが遠い人はここで買ってもいいかも。
私は老舗のお茶屋さん「嶢陽茶行」でオサレなお茶を購入。パッケージが可愛い〜(^-^)
posted by トモくま at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

【21】アイスモンスター

旅行前に「台湾でかき氷を食べて来る!」って言うと、何人かに「アイスモンスター?」って言われました。ということで、やっぱり食べておかないといけないでしょ(^-^)

オープンは10時半。お店に着いたのが10時45分くらいだったかな? お店の前は誰も並んでない!
ほぼ待たずに中に入れて、まずレジで注文してテーブルへ。でもテーブルで待つこと約30分…、って台湾って注文してからどこもかなり待つんですが(^^; まっ、ずっと歩いて疲れてたし、涼しいところで座ってるからいいんだけど。

1個でもいいかな〜と思ったけど、食べたいモノが2つあったので2種類注文。
1つはお店一番人気の新鮮芒果綿花甜(220元)、そしてもう1つが夏限定の原創新鮮芒果冰(190元)。
アイスモンスターのマンゴーかき氷

うわっ、2つともかなりデカイ!
左が新鮮芒果綿花甜。ふわっふわのマンゴー氷にマンゴーソルベ、パンナコッタがのってます。この旅行で食べたかき氷の中で一番ふわふわ♪ ちなみに日本のアイスモンスターでは1,500円。
そして右が原創新鮮芒果冰。こちらは見るからにマンゴーごろごろ。こちらもマンゴーソルベとパンナコッタ。氷はフワフワじゃないやつです。

最初の衝撃があってアイスモンスターのふわふわ氷を食べたいなら新鮮芒果綿花甜。マンゴーを食べるなら原創新鮮芒果冰の方がマンゴーも多いし、使ってるマンゴーが違うのかこっちのマンゴーのがフレッシュで美味しかったです(^-^)
しかし、さすがに2つ食べると寒いさむい(^^;
posted by トモくま at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

【20】安久號のカラスミ

まだまだ続く買い物めぐり(主に食べ物(笑))。今度はカラスミのお店「安久號」を目指してGo!
台湾はカラスミがお安く帰るということで。ただ事前に調べてたら安いのは材料が南米産だったりするようですが、安久號はきちんと台湾産ということでこちらに決定。

お店に入ると早速店員さんが「カラスミ?」と聞いてくれます。一応日本語可。「日本からもこんなに注文来てるよ」と伝票を見せてくれました。で、試食して、出してくれた中で一番小さいサイズを。家に帰って計ったら145gで800元でした。
安久號のカラスミ
冷蔵庫に入れて1ヶ月、冷凍庫だと1年保存できるとのことで、私は2箱買って帰って1つは帰国して数日後に、炙って切ったのと、からすみパスタにして食べてみました。
カラスミってじっくり食べたことがなかったんだけど、ねっとりしててタラコを凝縮したような感じで美味しい(^-^)
今、冷凍庫にもう1腹眠ってます。いつ食べようなかな、うふふ〜♪
posted by トモくま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

【19】SUGAR & SPICE 糖村

陳記百果園から歩いて今度はSUGAR & SPICE 糖村 台北敦南店へ。ケーキやお菓子のお店で、台湾土産でよく目についたヌガーが有名なお店です。
お店の前に行くとドアが2つある…。中でつながってるのかと思いきや、そうでもなさそう。まずは左のドア。こちらはギフト商品の取り扱いがメインっぽい。ヌガー中心?
そして右のドアのお店に入るとこちらのがパイナップルケーキとか種類も豊富。不思議なお店(^^;

左のドアのお店も右のドアのお店も、まず入るとヌガーの試食をもらいました。パイナップルケーキも2種類、ノーマルとチーズパイナップルケーキがあって試食させてもらいました。ラッキー(^-^)
パイナップルケーキはあちこちで買って満足してたのでヌガーを購入。
糖村のヌガー
25℃で保存OKみたいなこと書いたけど、まぁこの時期持ち歩くと溶けます。家に持って帰ってきた時にはカドがない…。いやん(^^;
生キャラメルまで柔らかくないけど、口溶けもよくてナッツも入ってて、甘いモノを補給したい時にはGood。

ヌガーはSALE中で少しお安くなっていて、この台北敦南店だけでなく台北101や西門駅近くのお店でもSALE価格で売ってました。
posted by トモくま at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【18】陳記百果園

阜杭豆漿のある善導寺駅からMRTで2駅、忠孝復興駅で下車。ここからお買物めぐりスタート!
まずは少し歩いてフルーツ専門店「陳記百果園」へ。小さなお店だけど、中は果物屋さんとフルーツパーラーが併設されてて、食べている方もいました。

生のマンゴーは持って帰れないので、マンゴージャムとドライマンゴーを。
陳記百果園のマンゴージャムとドライマンゴー
ドライマンゴーはスーパーで買ったのと全然違う! スーパーのは砂糖をまぶしてあったし、あまりマンゴーの味がしなかったけど、ここのはまさにマンゴーを乾燥させましたって感じの味。この時は「ゴールデンマンゴー」と書かれたのしかなかったけど、時期によって違うのかな。1袋250元。

ジャムは思ったよりマンゴーの味がしなかったな。果肉も残ってるんだけど。でもこのジャムとソーダーを割って、マンゴーソーダで飲むとおいしいかった♪ こちらも1瓶250元。(確か100元の小さい瓶もあったけどこっちのが割安でした)
ちょっとイイお値段なので両方とも自分用に(笑)
posted by トモくま at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

【17】阜杭豆漿

3日目の朝、ホテルの朝食が付いてたけど、台湾らしい朝ゴハンが食べたかったのでMRTに乗って善導寺駅へ。
善導寺駅を出て大通り沿い、予想通り行列ができてる…。阜杭豆漿、今回の旅行で一番並んだお店。注文するまで40分弱かかりました(^^;

カウンターで注文してフードコートのテーブルで食べるのですが、カウンターも忙しそうだしゆっくり注文できなさそうなので、メモした紙を渡すとそれを見てトレーに注文品を揃えてくれます。
阜杭豆漿のカウンター前の行列

ネットでは「フードコードが広いから、行列はできてても席はすぐ座れる」なんて書き込みも見たけど、私達が行った時は満席だったので相席させてもらいました。
阜杭豆漿

メモにはこんな風に書いて注文。
<内用>
・豆漿(冰、甜)
・鹹豆漿
・厚餅夾蛋
・油條

あまり豆腐や豆乳がスキじゃないんだけど、ここは美味しい!
豆漿は冷たい甘い豆乳だけど、甘さも控えめで豆乳臭くなくて飲みやすい。周りで食べてる人を見ると、豆漿だけお持ち帰り用にしてる人が多かったな。
鹹豆漿は茶碗蒸しのようなお豆腐に出汁がかかってて、油條やお葱がのっててなんだかほっとする味。これ、もう1回食べたい!
厚餅夾蛋はパンの中に卵焼きが入ってます。全部が大きいから分かりにくいけど、豆乳が入ってるお茶碗が丼鉢くらいなので、この厚餅夾蛋もかなり大きいです(^^;

待ってる間も地元の人が大きな袋に数人前をお持ち帰りしてたり、地元の人も並んで食べるお店ですね。
posted by トモくま at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

【16】台湾のスーパー

西門駅まで戻り、そして真っすぐホテルに帰らない(笑)
ホテルから歩いていけるところにあった「頂好」というスーパーへ。お店は思ってたより小さく、ここで買ったのはルーロー飯の上にのってるお肉の缶詰と「維力炸醤麺」というジャージャー麺のカップ麺だけ。
台湾のスーパーでいろいろ

ちょっと不発だったので、最終日に西門駅3番出口の近くの遠東百貨のB1Fに入ってるスーパーに行ったら、こっちのが品揃えが良かったです。しかもこちらのが百貨店の下のスーパーなので高級っぽいのにマンゴービールも頂好と同じ32元(コンビニは確か37元だったような)。なのでここでマンゴービール、パイナップルビール、ドライマンゴー、パイナップルケーキ等を購入。
先にこっちに行けば良かった…(^^;

ちなみに維力炸醤麺、台湾ではかなりポピュラーなカップ麺で、お湯を注ぐとジャージャー麺とスープができあがります(^-^)
パイナップルケーキは1箱60元だったかな? 微熱山丘とかの高いパイナップルケーキと食べ比べしようと思って。でもこのパイナップルケーキもちょっと餡が歯にくっつく系だけど普通に美味しかった(^-^)

で、話は戻って、頂好で買い物を済ませたあと、頂好の向いにあった大満足養生会館というところでマッサージ。るるぶに載ってた「足裏+首、肩のマッサージ+足湯」のコース 40分で380元。これで2日目のミッション完了。
posted by トモくま at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

【15】雙城街夜市

アンスリープの近くにあった雙城街夜市
雙城街夜市

アンスリープに行く前、待ち時間を潰している間、欣葉に向かう途中、夕食後欣葉から駅に向かう時…。何度ここを往復したことか(^^;
観光客よりも断然地元の人が多い夜市。そして分かる!この中にも臭豆腐のお店があることが(笑)少し離れたところにお店があってもあの独特の匂いが漂ってます。

そいえば翌日のオプショナルツアーの時、現地ガイドさんと「台湾でなに食べた?」って喋ってたら「えーっ?臭豆腐たべてないの?? 美味しいのに」って言われました(^^; イタさんは断固拒否。ちなみに私は上海で食べたけど、まっ食べられないことはなかったです。

今回はこういうローカルな夜市で食べる機会がなかったけど次回は挑戦してみたいな。
そして、またMRTに乗って西門駅へ。
posted by トモくま at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【14】欣葉本店

一度くらいは豪華な食事もしてみたいので、この日の夕食は欣葉へ。「台湾家庭料理」のレストランですが、ちょっと高級な感じ。お店の近くまで行くと、何軒か欣葉と書かれたお店が。地図の場所と少し違うな〜とお店の前に行くと「本店はあっち」と教えてくれる。

ということで、無事に欣葉本店に到着。受付の人に声をかけると25分ほどかかると言われ待合いのソファに座ってたら、テーブルが空いたみたいで5分も待たずに席に着けました。ただ、料理が出てくるのに注文してから30分近くかかったけど(^^; そしてお料理がこちら。
欣葉のカニおこわ

・紅蟳米糕(ワタリガニのおこわ)
・正宗菜脯蛋(切干大根の玉子焼き)
・手打花枝丸(イカ団子)
・手打杏仁豆腐

ワタリガニのおこわが食べたくって(^-^) でもこれ、二人じゃかなり多い(^^; お茶碗3杯は食べないといけません(笑)
切干大根の玉子焼きは台湾の家庭料理だそうですが、ホッとする味。切り干し大根がなんか美味しかったな。そしてメニューで迷ってた時に店員さんがススメてくれたのがイカ団子。これに飲み物は台湾ビール。めっちゃ食べた!

と言いつつ、デザートの杏仁豆腐。ネットでここの杏仁豆腐は独特だと書かれていたので注文してみたら、今まで食べたことのないモチモチの杏仁豆腐。シロップはあっさり甘め。あとサービスで出てくるピーナッツがかかったお餅も食べて満腹。よく見たら、オナカが膨れるものばかりじゃん(^^;
欣葉の杏仁豆腐

ほかにも食べたいメニューがあったけど、二人だと品数が頼めなかったのが残念…。ここは大勢で来たかったなぁ。
posted by トモくま at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

【13】アンスリープで台湾シャンプー

そして1時間ほど時間をつぶして台湾シャンプーのお店「アンスリープ」に戻ってきました。
なぜ台湾でシャンプー?と思うかもしれませんが、椅子に座ったままシャンプーしてくれシャンプー中に面白い髪型にしてくれるのでガイドブックにも載ってたりします。

このお店、オーナーは日本人で(日本に本店がある)、受付の店員さんも日本語可。お店もオサレ(^-^)
まずコースを決め、使うシャンプー(台湾製or日本製、香りなど)によっても価格が違ってきます。私達はシャンプー+頭皮洗浄(30分)で550元のコース。シャンプーは価格UPしない台湾製のミントの香りのを。

残念ながら店内は撮影禁止なので(鏡に写った自分の姿はOK)、写真ナシ(^^;
台北ナビのサイトで店内と台湾シャンプーの様子が詳しくのってるので、こちらをどうぞ〜。
http://www.taipeinavi.com/beauty/78/

薄暗い空間でシャンプー。髪の毛を逆立ちにしてくれたり、グルグルにしてくれたり、オモシロ写真が撮れました。そしてシャンプー台のある真っ暗の部屋に移動して眠りそうになり、最後は何も言わなかったけどきちんと髪質を分かってブローしてくれました。オモシロ写真のためだけに行ったけど、思った以上に癒されました。
帰りはドアの外まで出てきてくれて「また来てね」の横断幕を広げてお見送りしてくれます(^-^)

次回台湾シャンプーをすることがあれば、もっとローカルなお店で体験してみたいな。

★前日までに予約すると台北ナビのクーポンが使えるみたいです。私達は当日だったので残念ながら使えず。
posted by トモくま at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

【12】奇華餅家

冰讃からぶらぶら歩いて次の目的地、台湾シャンプーのお店へ。
お店に5時半ごろ着いたんだけど、予約せずに行ったので1時間後に来てくださいとのこと。
しょうがないので近くで時間潰し。その時にまっぷるに載ってたパイナップルケーキ屋さん「奇華餅家」が近くにあったので行ってみることに。

小さいお店で店員さんはカタコトの日本語ですが丁寧に接客してくれて、パイナップルケーキも「酸っぱいの(写真上)」と「甘いの(写真下)」とがあると教えてくれて迷ってたら試食も出してくれました(^-^)
奇華餅家のパイナップルケーキ

1個からバラ売りしてたので(箱入りよりバラのが安い)、甘いのと酸っぱいのを自宅食べ比べ用に。
「酸っぱい」方のパイナップルジャムは微熱山丘のジャムと近いかな。クッキーはこちらのがホロホロとした感じ。「甘い」方は冬瓜入りのは日本の和菓子の餡にもこんな感じのがありそう。少し歯にくっつきますが、これはこれで美味しい。
台湾のパイナップルケーキ、大きく分けて「酸っぱいの」と「甘いの」があるみたいだけど、これは好みかな。

奇華餅家、紙箱入り・缶入りもあるし、何より日持ちするのでいいかも。(賞味期限3ヶ月、ただし私が7/31に購入したのは10/8まででした)
posted by トモくま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

【11】冰讃のマンゴーかき氷

ホテルにパイナップルケーキを置いて、夕方の部スタート(笑)
またMRTで移動。今度はMRT雙連駅へ。そこから歩いて5分くらいかな? マンゴーのカキ氷が評判の冰讃へ。
ちょうど今、マンゴーが旬。この冰讃はマンゴーの時期だけオープンするかき氷屋さんだそうです。ネットでは行列ができてるみたいなことが書かれてたけど、ちょうどいい時間に行ったからか待たずに座れました。

レジで注文して番号札をもらって待つこと数分。マンゴーごろごろのカキ氷(^-^)
芒果雪花冰と芒果牛奶冰

手前が芒果雪花冰、ミルク味のふわふわ雪花冰にマンゴーと練乳。こちらは100元。
奥が芒果牛奶冰。こちらは普通のかき氷にマンゴーと練乳。こっちのが少しあっさりした感じで80元。
うわーん、甲乙つけがたい。雪花冰もいいけど、マンゴーを楽しむなら普通の氷のがいいかな。たっぷりマンゴーだけどペロリと食べちゃった♪
これ日本で食べたらいくらするんだろ? ホント贅沢なカキ氷。そして食べてる間にもマンゴーの箱が届いてました。

あっ、上の写真はたまたま超オサレに写ってますが、外観はこんな感じの庶民的なお店です(^^;
冰讃
posted by トモくま at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

【10】微熱山丘 SunnyHills

エバーリッチ免税店のあとホテルまで送ってくれる予定だったけど、行きたかったお店が近くにあったのでガイドさんに言ってエバーリッチで解散させてもらう。そして歩くこと20分ほど、住宅街でお目当てのお店発見!

微熱山丘 SunnyHills。今、台北で人気のあるパイナップルケーキ屋さんです。日本にも表参道にお店がありますが(^^;
カフェのようなお洒落な外観。お店に入るとまず試食をだしてくれます。気前よくパイナップルケーキを1個。お茶付きでここでホッと一息。
微熱山丘

商品はパイナップルケーキ(10個、15個、20個)とパイナップルジュースだけなので、試食がすんだらレジで注文。かわいいトート・バッグ付き。
微熱山丘のパイナップルケーキ
中のパイナップルジャムは繊維が多く果肉を感じられて酸味があってまさにパイナップル! 周りはバターのきいた甘くないクッキーで洋菓子っぽくて、結構大きいので1個食べると満足(^-^)
ただ賞味期限2週間なので、近々会える人にしか渡せないのが残念。

4箱買って少し重いしタクシーを拾おうと思ったら、さすが人気店、お店の近くでタクシーが待機してました。ということでここからホテルまで快適にタクシー移動。30分くらい乗ってたと思うけど、1000円くらいでした。
posted by トモくま at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【9】龍山寺

昼食後は台北のパワースポット「龍山寺」へ。
龍山寺
中は結構広くて、健康、学問、縁結び…、たくさん神様が祭られています。るるぶには「ご利益のデパート」って書かれてました(^^;

ここでガイドさんがおみくじの引き方を教えてくれる。
事前に「悪いおみくじがでても、落ち込む権利はありません。」と言い放たれました(笑)
日本のようにおみくじを神社の枝に結ぶような風習はなく、悪い内容のおみくじも受け入れ、おみくじを持ち帰って3ヶ月間行動を改めなくてはいけないとのこと。

では、いざ台湾式おみくじを。
龍山寺でおみくじをひいてみる
(1)本殿の仏像?の方に向かって自己紹介(名前、生年月日、住所)とお願いごとを伝える(神様は万能なので日本語で可(笑))
(2)おみくじ(赤い長い棒)を引いて番号を覚える
(3)その横にある赤い三日月型の木を2つ床に落とす。3回投げて1度でも表裏の組合せが出ればOK。もし3回とも表表、裏裏の組合せが出れば、(2)と(3)の作業を繰り返す。
(4)引き出しから(2)で引いた番号のおみくじを取り出す。
※るるぶに載ってた流れとはちょっと違ってました。

じゃじゃーん!
こんなんでました!
左側に「第八首 上上」って書いてます。日本で言うところの「大吉」。100点満点中98点くらいだそうです♪
ちなみに「上上」の箇所は日本みたいに大吉〜凶まですべて書かれているワケではなく空白だったりもします。台湾のパワースポットで大吉。きっとイイことあるハズ!

そして龍山寺のあと、エバーリッチ免税店に行ってオプショナルツアー終了。故宮博物院の入場料やお昼ゴハンもついて2,000円。かなりお得なオプショナルツアーでした(^-^)
posted by トモくま at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

【8】點水樓で小籠包

故宮博物院からお土産物屋さんに連れて行かれ(安いオプショナルツアーなのでしょうがないけど)、そのあとお昼ごはんに小籠包。
台湾で小籠包と言えば鼎泰豐が有名ですが、今回行った點水樓は2012年の小籠包のネット投票で鼎泰豐を破って1位になったということで期待大。
點水樓の小籠包

小籠包、今回台湾では食べ比べしてないので味の比較はできないけど、美味しい(^-^)
オプショナルツアーの昼食なので量はそれほど期待してなかったけど、酸辣湯や空芯菜炒め、小籠包もノーマルのから蟹味噌、高菜、餅米入り…点心だけで5種類はあったかな。
最後に桜エビのチャーハンやデザートの蒸しパンみたいなのまで。オナカいっぱい!
二人だとこんなに品数を頼めないからこれはツアーで食べて正解だったかも♪
posted by トモくま at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾旅行記_2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする