2009年03月05日

【5】中部市場

キンパを食べた後、地下鉄に乗って市場へ。ソウルの市場といえば東大門市場や南大門市場なワケですが、まずは母が一番行きたがってた「中部市場」へ。中部市場は乾物を中心に食材を取り扱う地元の人が通う市場だそうです。食材市場、もちろん私も大スキです(^-^)
中部市場

市場に入ると、干し海老ゾーンや海苔ゾーン、明太子ゾーンなど、だいたい同じ食材を売る店が固まっています。明洞とかと違って日本語表記もないし、ほとんど日本語が通じません。
ざっと市場を見た後、まず1軒目。母が最も欲しがっていた干し海老を買いに。カタコトの日本語が通じるおばちゃんを発見し、このお店で干し海老(16,000W/400g)、さきいか(6,000W/400g)、ちりめんじゃこ(10,000W/400g)を購入。で、おまけしてもらうために、私は空港からの移動のバスで教えてもらった「カッカジュセヨ〜」を早速使ってみる。隣で母上は「ま・け・て! おまけしてっ!」ってベタベタ日本語で言ってました。コワイね、関西のおばちゃん…。結局、合計32,000Wを30,000Wジャストにしてもらいました。
干し海老は日本のスーパーに売ってるのより少し大きめ。韓国産と中国産があって中国産のが安かったです。もちろん韓国産を購入。現地の人に聞いたところ、この海老はダシをとったり炒め物に使うそうです。

そしてもう1軒、今度は明太子屋さんに。お店のおばちゃんに
 「明太子、どれくらい持つのん? 1週間は持つ?」
 「何言ってんの! 冷蔵庫で1年持つよっ!」←カタコトの日本語
 「ほんまかいな?」
 「キムチも酸っぱくなった方がおいしいやろ?」
 「じゃ、イカキムチは? これは1週間くらいやろ?」
 「ああん! これも1年持つよっ!」
まっ、1年も置いておくことはないけれど、これなら日本に持って帰れそうね。ということで結局ここでは明太子(20,000W/1kg)とイカキムチ(6,000W/1kg)を購入。きちんとタッパに入れてラップでぐるぐる巻きにしてくれるので臭いとかは全然大丈夫でした。ちなみにここではちょこっと量を多めに入れてくれました。カムサハムニダ〜(^-^) 明太子はもっと安いのもあって、日本よりかなりお安いと思いますよん。おばちゃんが「お店の名前、覚えといて!」って言ってたから、きちんと宣伝しておいてあげよう(笑) ※写真右下のお店です。

料理好きや食いしん坊へのお土産を買うにはオススメの市場です。またソウルに行くことがあったら、私はきっと行くだろうな。

●中部市場
http://www.konest.com/data/shop_mise_detail.html?no=1527

★ソウルから戻って数日経ちますが、干し海老ご飯、干し海老と水菜の炊いたん、干し海老とイカのすり身の蓮根はさみ揚げ…。母は干し海老にとっても満足しているようです(^^;


posted by トモくま at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。