2011年07月11日

【4】世界遺産「シャルトル大聖堂」

バスに揺られて2時間くらい。最初の観光地に到着。フランスの世界遺産の1つ「シャルトル大聖堂」。本当の名前は「Cathédrale Notre-Dame de Chartres」、“シャルトルのノートルダム大聖堂” だそうです。大きい!
世界遺産「シャルトル大聖堂」

正面から見える尖塔は左右対象ではなく、左側が16世紀のゴシック様式、右側が12世紀のロマネスク様式。このツアー中に何度も古い建物の前で「これはロマネスク様式で〜、あれはゴシック様式で〜」と説明を聞きましたが、その時は「ふむふむ、なるほど〜」と聞いているのですが、今思い出すと “ゴツイ” か “繊細” かくらいしか印象に残っていません(^^;

残念ながら正面の壁が工事中で、有名なバラ窓(丸いステンドグラスの窓)も光があまり差し込まず、キレイに見えなかったのが残念。でも内部にはほかにもたくさんステンドグラスがあって、中でも「シャルトルブルー」と呼ばれる青色を使ってるのが特徴なんだとか。

教会内部の撮影をする時、重たいけど一眼レフを持ってきて良かったな〜と実感。ノーフラッシュでも結構キレイに撮れました。
シャルトル大聖堂の中へ


posted by トモくま at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行記_2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。