2011年07月20日

【26】テルトル広場

プチトランを降りて、まずは画家が集まる「テルトル広場」へ。
テルトル広場

もっとのんびりした感じなのかと思ったら、結構狭いスペースで、雑多で、絵のマルシェって感じ。油絵、水彩、イラスト風なの…。似顔絵を描いてもらってる人もたくさんいて、「似てるなぁ」って言えるのもあれば、「ん?」と思えるようなのもありましたけど(^^; 広場のまわりはカフェも立ち並びすごい賑わってる場所で、イメージしてたのと少し違ってました。

広場をぐるりと1周してから、パリで最も古い教会の1つ「サン・ピエール教会」をチラッとのぞいて、やっとサクレ・クール寺院へ。


posted by トモくま at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行記_2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。