2011年07月22日

【32】MAISON de la TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)

マイユからマドレーヌ広場沿いを少し歩いて、今度はMAISON de la TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)へ。店名から分かる通りトリュフのお店でございます。義姉からも「パリで美味しいモノ買ってきて!」とお小遣いをもらったので、ちょっと奮発して良いモノをお土産に。

お店は入口を入るとブティックがあって、その奥にレストランがあります。ブティックでは、トリュフ入りオリーブオイルやトリュフ入りパスタ、トリュフソース、すごい高いトリュフそのもの売ってますが、トリュフビギナーなので、トリュフ入り塩(€17)と、サマートリュフ入りのパルミジャーノチーズクリーム(€16)を購入。これが今回パリで買った中で一番の高級食品(^^;
メゾン・ド・ラ・トリュフのトリュフ塩とディップ

パルミジャーノチーズクリーム、濃厚! でもトリュフの味というかチーズの味。トリュフ塩は独特な香り。これがトリュフの香りなのか!? しまった、私、トリュフの味を知らなかった(^^;
チーズクリームはバゲットにつけてそのまま食べたけど、もう少し塩をきかせるか、リゾットとかに入れると良いかも。トリュフ塩もとりあえずスクランブルエッグで味見をしましたが、折角のお高い塩だし、ほかにおいしい食べ方がないか調べてみよっと。


●MAISON de la TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)
http://www.maison-de-la-truffe.com/
レストランがあるので、ブティックの営業時間も10:00〜22:00と閉店時間が遅いです。


posted by トモくま at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行記_2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。