2011年07月24日

【35】LEON(レオン)でムール貝

さっ、買い物も終わったし、フランス旅行最後の晩餐は、ムール貝のお店、Léon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)へ。レオンはチェーン店(本店はベルギー)で、パリにも数店あります。日本ではムール貝と言ってもパエリアやパスタに1つ2つ付いてくるくらいで、そんなに美味しいと思ったこともないのですが、旅行前にパリのことを調べてる時に、「必ずレオンに行く」とか「ムール貝を初めて美味しいと思った」という書き込みを見て、どうしても食べたかったのです。

私たちが行ったのはオペラ座から少し歩いたところにある、イタリアン大通り沿いにあるお店。20時ごろ、お客さんもそこそこ入ってましたが、待たずに座れました。注文したのはもちろんムール貝のココット。私は Les moules Léon と書かれたたぶん定番の味(€16)を、イタさんはトマトの入ったプロバンス風(€16.6)。ここに食べ放題のフライドポテト(こっちでは「フリィ」と言う)とバゲット付いてきます。

まずはレオン生ビール(€6.7)で乾杯! ぷはっ、おいしっ(^-^) そしてメインのムール貝到着。
レオンでムール貝

ココットに山盛り入って、これで1人前。レオン味!?はセロリがたっぷり入った白ワイン風味。ムール貝、身がぷりぷりしてて美味しい貝だったのね! プロバンス風もトマトとニンニクがきいてておいしい。このムール貝をひたすら食べる。でも食べても、食べても減らない。ムール貝を半分くらい食べたところで、貝をかきわけて下にたまったスープを飲む。これだけだと濃いのでポテトやバゲットを浸して食べると、これまたうまし(^-^) ここのフライドポテト、今回の旅行中で一番美味しかったポテトかもしれません。

最初見た時、途中で飽きるかな?と思ったけど、最後までペロリと食べちゃいました。一生分のムール貝を食べたかもしれない(笑) ちなみにムール貝の食べ方はいろいろありますが、私はパリッ子らしく、このページの左上の方法で。空いた貝殻をトングのように使って挟んで食べました。この方法、思ったより食べやすかったです。

そしてこの後、またメトロに乗ってホテルへ。翌日は帰国日なのでホテルに戻ってスーツケースの整理大会。これが旅行中で一番面倒なんだよなぁ(^^;


●Léon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)
http://www.leon-de-bruxelles.fr/
日本のファミレスのように写真入りメニューなので注文しやすいです。ウェイトレスのお姉さんも親切でした。


posted by トモくま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行記_2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。