2011年07月25日

【36】Le Grenier de Félix(ル・グルニエ・ドゥ・フェリックス)

パリ最終日。飛行機は21:00発と遅いので夕方まで遊べます。それでもいっぱい遊ぶには時間が足らないので、朝7時すぎに部屋を出てチェックアウト。スーツケースをホテルに預けて、ホテルの朝食券があったので、とりあえず水とオレンジジュースとカフェオレを飲んで、さぁ出発。

まずはホテルから歩いて15分ほどのところにあるパン屋さん、「Le Grenier de Félix(ル・グルニエ・ドゥ・フェリックス)」へ。このパン屋さんは2009年にパリのバゲットコンクールで1位になったお店! パリで1位のバゲット、やっぱり食べみたいですよね〜(^-^)
バゲットコンクールで歴代の1位になったお店の場所を探してたら、結構パリの中心地から外れたところにあるお店が多く、ここも最初却下してたのですが、ホテルが決まって調べてたらホテルから徒歩圏内と分かりこのお店に。

お店は町の小さなパン屋さんって感じで、朝からお客さんがレジに並んでます(パリのパン屋さんは自分でトレーに入れるのではなく、レジで注文する形式)。私たちも列に並んでバゲットを1本購入。中身が半分見えたバゲットを持って、最寄り駅のメトロ8号線「Boucicaut(ブスィコ)」駅へ。
フランスではバゲットを買っても袋には入れてくれず、このお店はバゲットが半分くらい隠れる紙袋に入れてくれましたが、バゲットの真ん中に紙をくるんと巻いただけの簡易包装のお店も多いみたいで、そんなバゲットを持って歩く光景が町のあちこちで見られます。

で、メトロ「PALAIS ROYAL MUSEE DU LOUVRE(パレ・ロワイヤル/ミュゼ・デュ・ルーヴル)」駅で降りて、ルーブル美術館の前でガラスのピラミッドを眺めながら朝食。
ル・グルニエ・ドゥ・フェリックスのバゲット

まずはバゲットをそのまま。香ばしくパリッとした外側で、中は結構詰まっててモチモチしてて、確かにこのバゲットは美味しい(^-^) しかも1本 €1.5もしなかったハズ。近所にあったら常連になるのに。
で、このバゲットに今度はモノプリで買ったエシレバターを付けて。エシレバターは日本でも買えますが、モノプリでは100g €1.58(190円くらい)なのが、日本だと820円! 超高級…。日本では買えませぬ(^^; 発酵バターで、私が食べたのは無塩だったので、かなりクリーミーに感じました。バゲットとバターだけなのに贅沢な朝食。フランスのパンは結構どこで食べても美味しかったけど、私的にこの旅行中でNo.1 パンは、やっぱりこのバゲットかな。


●Le Grenier de Félix(ル・グルニエ・ドゥ・フェリックス)
64,avenue Felix-Faure 75015 Paris
7:30〜20:00、日曜定休


posted by トモくま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行記_2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。