2011年07月26日

【37】ルーブル美術館

私たちがルーブル美術館に着いた8:20頃、すでにピラミッド前には行列。でも「(団体入口から入れる)前売り券もってるもんね〜」と余裕をかまして行列に並ばず、ピラミッド激写タイム。
ルーブル美術館

朝ご飯も食べて、そろそろ開館15分前になったし、大行列のピラミッド入口ではなく、団体入口らしき場所を見つけて行ったのに、係員さんに「ピラミッドへ行け!」と言われ、結局ピラミッド大行列に並ぶことに。
「今更この行列に並ぶんかい!」と思ったけど、ピラミッド前の行列も2つあって、超長い行列はチケットを持ってない人の列。チケット(前売り、ミュージアムパス等)を持ってる人の列は比較的マシで、簡単なセキュリティチェックを受けた後、私たちは9:10頃には館内に入れました。(開館は9時です)

ルーブル美術館内はイタさんがルートを決めてくれてたので、それに従ってGo。とりあえずルーブルに来た日本人が見るであろう三大名所の1つ、階段の踊り場にいるサモトラケのニケ。
サモトラケのニケ

ニケ、なんか好き。JR奈良駅でよく見たからかかな(笑)
※2003年までJR奈良駅の改札を出たところに、ニケ像のレプリカがありました。

そしてそこから歩いて、きっとルーブル美術館で一番混んでる最大の名所、「モナリザ」。
モナリザ

おぉ、さすがに混んでる。でもまだ開館して30分も経ってないので全然少なかったと思いますが。もちろんスス〜っと移動して一番前を陣取ってモナリザと再会。あっ、皆モナリザに夢中になっていますが、モナリザの正面(見てる人の背面)にある「カナの婚宴」という絵はルーブル美術館で一番大きな絵なのでこちらもチェック。

そして三大名所の最後は「ミロのビーナス」。もちろんココも人だかり。
ミロのビーナス

前回来た時、ミロのビーナスは見てなかったんですよね。こんなところにいたのか。モナリザやニケとは離れた彫刻や古代美術のフロアにいたので前回はきっとココまで辿り着かなかったんだな。ほかにも、ハムラビ法典(目には目を…)も同じフロアにありました。

今回見た中でガッカリというか「えっ?これ?」っていう作品が、フェルメールの「レースを編む女」。
フェルメールの「レースを編む女」

この絵、結構有名な絵ですが、なんと縦24cm × 横21cm という小さな絵。今まで展覧会で見たかった絵を見て、「思ったより大きい!」とか「結構小さいね。」と思ったことは何度かありましたが、ここまで「小さっ!」と思った絵は初めて(笑) この絵が展示してある部屋のイスに座って休憩してたのに全然気付かなかった(^^;

このほかにもドラクロワやルーベンスなど有名どころの作品に絞って見たけど、やっぱりルーブル美術館は広すぎて疲れる…。プチ迷子になるし、トイレは隠し扉みたいなところにあるし。
そして一通り見て、美術館を出て地下の逆さピラミッドの方に行くと、ここもスゴイ行列! この日は本当に混んでたみたいで、添乗員さんもこの日、11時ごろにルーブルに来てたらしく、平日なのに日曜日かと思うくらい混んでいたとのこと(第1日曜は無料なのでめちゃ混むらしい)。ということで、やっぱり「混雑する観光名所は朝イチに!」 これ鉄則ですね。


★ルーブル美術館の前売り券
ルーブル美術館のオフィシャルサイトにギャラリー・ラファイエットやプランタンで前売り券が買えるとの情報が載ってたので、前日に添乗員さんに確認してラファイエットで購入しておきました。
http://www.louvre.fr/llv/pratique/tarifs.jsp?tarif=4&bmLocale=ja_JP

ギャラリーラファイエットの、Lafayette voyage(ラファイエットボヤージュ、確かラファイエットグルメの下の階)にて前売り券を購入しましたが、ルーブル美術館で買うと1枚 €10なのに、ここだと2枚で€27.2でした(手数料とサーブビス料が追加されてたみたい)。
少しでも早く入りたい方は少々高くても前売りを買うメリットがありますが、開館の30分くらい前から並んでもいいよという方は前売りを買わなくてもいいかも。

私たちが最初入れなかった入口、やっぱり下のページを見ても、あれがパッサージュリシュリュー入口(団体用、前売りがあれば個人でもここから入れる)だと思うのですが、何故か前売りやミュージアムパスを持った人もみんな断られてました。ラファイエットで買った時も「リシュリュー入口から入れるよ」って言ってたのに。何故だろう?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1257023912
http://www.parismuseumpass-japon.com/iriguchi_louvre.html


posted by トモくま at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス旅行記_2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。