2017年06月10日

【13】国見ヶ丘

サクサクと高千穂観光。続いては高千穂峡や高千穂神社からは少し離れた「国見ヶ丘」へ。
駐車場から展望台へ行く途中、風が強くて日傘がさせない(^^;

国見ヶ丘からは青々とした高千穂盆地が見渡せ、遠くには阿蘇の涅槃像も見えます。
国見ヶ丘からの眺め

あっ、展望台で高千穂見守り隊を発見!
国見ヶ丘の建磐龍命の像

組体操しているのではありません(笑)
国見ヶ丘は神武天皇の孫・建磐龍命が九州統治の際に立ち寄って国見をされたという伝説の丘だそうで、これは建磐龍命の像。

ここは雲海の名所のようで、秋の早朝は運が良ければ雲海が見られるそうです。見たいな〜、雲海。
http://takachiho-kanko.info/sightseeing/kunimigaoka.php
posted by トモくま at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜ちゃんと涅槃像に見える!!
これ宮崎じゃなかったらね(笑)
どこの雲海も拝めてないな〜
今度どっかで狙うなら泊まりで
早朝出発とかほんまに気合い入れんとね
Posted by シロ at 2017年06月12日 20:13
宮崎側から撮った写真じゃなかったら条件に合ってたのにな(笑)
雲海を見に行くには気力がいるよね…(^^;
トマムとか竹田城とか、どこでもいいから一度雲海を見てみたい。
国見ヶ丘の雲海は神々しいやろうな。
Posted by トモくま at 2017年06月13日 15:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450776318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック