2019年06月27日

【6】添好運(ティム・ホー・ワン)

一旦ホテルに戻ってベッドの上に購入品を散乱させたまま夕食へ。
今回は結構中身が詰まったツアーだったので1日目・2日目はほぼ予定がビッシリ。でも夕食もバスでホテルまで迎えに来てもらえるしラクラク〜♪

1日目の夕食は添好運(ティムホーワン)。香港でミシュラン一つ星を取ってて「世界一安いミシュランレストラン」と言われてます。
ここのチャーシュー入りメロンパンの存在は数年前から気になってました(数年前、大阪のパン屋でも似たようなのが売ってました)。昨年、東京にもお店ができたので数年後には大阪にも来るかな。

添好運は香港に何店舗かあって、私たちが行ったのはたぶん深水埗店
ガイドさん曰く、「香港人は飲茶は朝、昼、アフターヌーンティーでするもの。日本でもハンバーガーを夜に食べないでしょ。それと同じ。」とのこと。それで夜は香港人が少ないので添好運も夜は旅行客が多いって言ってたけど、私たちの座った両隣は地元の方みたいでした。お店もミシュランを取ってるわりにローカル感漂うお店。

では飲茶タイムスタート!
添好運
チャーシュー入りメロンパンと、そして早くもデザートの金木犀ゼリー。料理の順番まったく無視(笑)
メロンパンと言っても生地が薄くカリッと軽い!その中に少し甘めのチャーシュー。美味しい♪

大根餅と蓮の葉に包まれたちまき。
添好運

蒸しエビ餃子とエビ豚シュウマイ。
添好運

餃子もシュウマイも海老がプリプリ! 大根餅も美味しいし、このお店で食べたのはハズレ無し。しかし料理が出るのが早い!(この店に限らず)
冷めないうちに…と急いで食べるので早食いになってしまう(^^;

ちなみにお茶はプーアル茶。日本では中国料理の時にジャスミン茶を飲むけど、香港人はプーアル茶か鉄観音とかが多いらしい。
現地ガイドさんが「ジャスミン茶飲んだら夜、眠れなくなるから」って言ってたけど、そうなの!?


posted by トモくま at 11:43| Comment(2) | 香港旅行記_2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パン生地もおいしそうやしメロンパン好きとしてはぜひとも食べておきたいわ♪
Posted by シロ at 2019年06月28日 13:00
このメロンパンのはまた食べたいわ。
サイズも小ぶりで食べやすかったし(^-^)
Posted by トモくま at 2019年06月28日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。