2008年05月26日

三万石のままどおる

ままどおる福島お土産その2。三万石の「ままどおる」。
昨日の柏屋の薄皮饅頭とままどおるが福島県の郡山の2大土産だと思われます。最初看板で見た時は一瞬「ままおどる?」かと思ったらママは踊りません。「ままどおる」。スペイン語で“お乳を飲む人々”という意味の洋風饅頭です。

味は「博多通りもん」と似たような感じ。中の餡はクリーミーな洋風の餡で、周りの皮は結構薄め。博多通りもんが好きな人は間違いなく好きだと思います。ちなみに我が家で「柏屋薄皮饅頭とままどおるのどちらが好きか?」のアンケートを取ったところ、結果は半々でした。私はもちろんままどおる派です。

で、どうでもいいけど、写真の「mamador」の「d」はかなり厳しい。「q」か「g」に見えます。ままくぉおる? ままごおる?
ほかのも「r」がなくて「ままどお」になってたり…。ちょっと愛すべきお菓子でした(^^)

●三万石
http://www.chuokai-fukushima.or.jp/ksk/mamador/


posted by トモくま at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。