2017年09月20日

熊本・伊万里・有田旅行記【INDEX】

熊本・伊万里・有田旅行記2017
  【0】熊本・伊万里・有田旅行記 行程表
  【1】道の駅「七城メロンドーム」
  【2】やま康で気まぐれあか牛丼
  【3】白川水源
  【4】黒川温泉
  【5】黒川温泉「夢龍胆」で日帰り入湯
  【6】宇佐からあげ「太閤」
  【7】宇佐からあげ「天下とり」(来々軒)
  【8】山田SAのオムキューブ
  【9】伊万里 大川内山の町並み
  【10】エトワール・ホリエの「伊万里焼饅頭」
  【11】龍泉荘 奥の院 木もれ陽
  【12】源右衛門窯
  【13】有田焼卸団地のKIHARA(キハラ)
  【14】陶山神社
  【15】有田内山の町並み
  【16】高島豆腐店のごどうふ
  【17】筑後川昇開橋
  【18】佐賀城下栄の国まつり
  【19】居酒屋「蔵」でムツゴロウ
  【20】波佐見くらわん館とやきもの公園
  【21】波佐見「西の原」
  【22】武雄温泉
  【23】井出ちゃんぽん本店
  【24】いいちこ日田蒸留所


今回の旅行での色のイメージ。
熊本 ⇒ 阿蘇、自然の「緑」
佐賀 ⇒ 焼き物の「青」
大分 ⇒ 「茶」 …からあげ色(笑)

だらだら旅行記を書いているうちにシロちゃんは奈良に引っ越してきて、またご近所さん。これからは奈良発プチ旅行が多くなりそうな予感☆
posted by トモくま at 21:53| Comment(1) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

【24】いいちこ日田蒸留所

日田ICを下りて中津に戻る途中、予定してたより時間が早かったのでいいちこ日田蒸留所に寄り道。相変わらずキレイな蒸留所で、桜の時期に来たかったなぁ。
いいちこ日田蒸留所

前に来た時に工場見学をしてるので、今回はショップに直行。
もちろん探しに来たのは限定商品。前回買った日本未発売のiichiko BARの桃はもう生産されてないとのこと。残念。
で、日田蒸留所で製造したいいちこ原酒と地元の柚子で作った「千年の柚子」がエリア限定販売で関西では売ってないとのことだったので購入。あっ、もちろん今回もいろいろ試飲させていただきました♪

店員さんに「日田蒸留所限定、もしくはエリア限定のものを探してるんです」って相談して、結局柚子リキュールを買ったけど、レジで精算してたら、ちょこっと置かれてたグラスを発見!
「これ、日田蒸溜所限定ですか?」と尋ねたら「そうですよ」って、そう、私が探し求めていたのはコレ!
いいちこ日田蒸留所限定グラス

今回、焼き物の町をめぐりながらお猪口を探しつつ、なかなかコレだというお猪口に巡り会えず、でも最後にこのグラスを見てビビッときた!
ちなみに左のロックグラスが310円、右のショットグラスが185円とリーズナブル。レジ前にそっと置かず、日田蒸留所の限定品としてもっと前面に売り出すべきだと思います(笑)

そしてシロちゃん宅に戻ってから中津駅へ。この11年で何度と乗り降りしたこの駅も、もう来ることもないのかなぁ…と感慨に耽りつつ、最後もやっぱりソニックは平常とおり遅延してました。


●いいちこ日田蒸留所
https://www.iichiko.co.jp/factory/
posted by トモくま at 21:49| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

【23】井出ちゃんぽん本店

武雄温泉を出て、お昼は井出ちゃんぽん本店へ。
運良くカウンター席があいたのでスグに座れたけど、あとから来た人は待っていました。
もちろん注文したのはちゃんぽん。
井出ちゃんぽん本店

厨房が戦場のようで、つられて私も無言で汗だくでちゃんぽんと闘う(笑)
1度で8人前くらいのちゃんぽんを作っていて、そんなに麺を放置しておいて伸びないの?と思ったけど、食べるとちょうどいい具合。思ってたより薄味で、途中でブラックペッパーをかけてみたり。
野菜たっぷり具沢山で、食べても食べても減らない感覚でした(^^;

井出ちゃんぽんを出て、武雄から高速に乗って日田ICに向かう途中、豪雨で家半分が濁流で埋もれた朝倉の景色が見えました。昨年は美しい三連水車を見たのに(水車は復旧してます)、はやく前の風景に戻ってほしいなぁ。


●井出ちゃんぽん 本店
http://www.ide-chanpon.co.jp
posted by トモくま at 19:42| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

【22】武雄温泉

そして波佐見からビューンと高速で武雄へ。
高速を走って行ったり来たりしてるけど、今回は九州よかよかドライブパスという九州エリアの高速の3日間乗り放題プランを申込んでいたので高速を惜しみなく使いました。

武雄温泉、数年前に来た時は駐車場も満車でめっちゃ混んでたので温泉に入らず帰ったけど、今回は平日の昼間だったからか駐車場もガラガラ。
武雄温泉の楼門

この楼門の奥に公衆浴場や貸切浴場がいくつかあって、今回は元湯に。
ちょうどお昼ごろだったので先客が1人いただけでほぼ貸切。贅沢〜(^-^) あつ湯とぬる湯があって、私はあつ湯は10秒で脱出。ぬる湯でまったりと。
※あつ湯43℃、ぬる湯で40℃くらいです。

もちろん温泉に入った後は瓶入りのコーヒー牛乳も飲んで温泉満喫。
posted by トモくま at 22:52| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

【21】波佐見「西の原」

くらわん館から少し高速の乗り口の方に戻ったところにある「西の原」というオサレスポットへ。
波佐見「西の原」

波佐見焼の製陶所があった場所で、そこの昭和初期の建物を利用して波佐見焼のお店や雑貨屋さん、カフェが集まっています。女子が好きそうな場所(^-^)
波佐見「西の原」

波佐見焼を知ったのは、奈良の中川政七商店がコンサルティングして新しいオサレなブランドを作ったってテレビで見たのがきっかけだったのですが、ここの雑貨屋さんでも中川政七の商品や奈良グッズが売ってました。まさかここまで来て奈良に会おうとは…。
波佐見「西の原」

物販のお店は開いてたけど飲食店は12時オープンで、まだ30分以上時間があったので次の目的地へGo!
posted by トモくま at 11:52| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

【20】波佐見くらわん館とやきもの公園

九州最終日、風はあるけど快晴!
ホテルをチェックアウトして佐賀の道の駅「大和そよかぜ館」に寄ってから、長崎の波佐見へ。長崎といっても佐賀との県境にあって、高速だと有田の同じ出口。ここも焼き物の町です。

まずは波佐見焼のいろんな商品が揃うくらわん館へ。有田や伊万里と比べると庶民的で普段使いの食器が並んでました。ちょうど夏の甲子園が始まる前で、波佐見高校が甲子園に出場するので売上げの一部が寄附されるとのことで私もお猪口を買って少し協力。夏らしいメダカの絵柄(^-^)

そして、くらわん館の前にあったやきもの公園へ。お日様照り照りで暑いっ!
波佐見やきもの公園

世界各国の焼き窯が再現されてて、ちょっと異国のようで写真を撮るにはおもしろいかも。でも、なにもなかったですけど(笑)
波佐見やきもの公園
posted by トモくま at 13:20| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

【19】居酒屋「蔵」でムツゴロウ

そしてこの日の夜は、佐賀駅から10分ほど歩いたとこにある居酒屋「蔵」へ。
佐賀に来たら食べてみたかったんですよね、ムツゴロウ。ここはムツゴロウやワラスボのお刺身が食べれるとのことで、予約時に尋ねたら「加工品はいつでもありますが、お刺身は漁にでられなく入荷しないときもあります」と言われ、台風も近づいてたしどうかな?と思ったけど、無事ムツゴロウのお刺身がありました!

ムツゴロウ、クセはなくコリコリ美味しい♡ ちょっと甘めのゴマ醤油で。
うしろの貝は「あげまき」というこれまた有明海で採れる貝だそうです。
ムツゴロウのお刺身

熊本の馬刺し(美味しかった!)と、佐賀牛のローストビーフ、あと右にちょこっと写ってるのは佐賀のエイリアン「ワラスボ」の干物。ワラスボのお刺身を食べたかったなぁ。残念。
熊本の馬刺しと佐賀牛のローストビーフ

佐賀の地酒も品揃えもよくいくつか飲んでみました。レシート見たら、東一、天吹、万齢と銘柄が書かれてたけど、どれがどの味だったか忘れちゃった(^^;
この居酒屋さん、有明もののメニューも多く聞いたことない食材もあったので、また佐賀に行く機会があったら行ってみたいな。


●蔵
https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41000081/
posted by トモくま at 23:56| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

【18】佐賀城下栄の国まつり

佐賀駅前のホテルにチェックインして、予約してた居酒屋さんへ向かう途中、「佐賀城下栄の国まつり」に遭遇。8月5・6日と開催されてたようで、旅行してこういうお祭りにタイミングよくあうとテンション上がります(^-^)

佐賀駅から続く大通りに屋台が並び、先に進むとすごい人数の人たちが踊ってる!
会社やグループ単位でプラカードやのぼりを先頭に踊ってて、ちょうど前を佐賀銀行の列が通過。若い女性からご年配のおじさままで、会社で一団となってお揃いの浴衣で踊るのも楽しそうだなぁ。
佐賀城下栄の国まつり

総おどり会場となってる通りの中央には給水ポイントもありました。
佐賀城下栄の国まつり

そしてご飯を食べお店を出てホテルに向かう途中、お祭り会場だった大通りを歩いてたら、太鼓と鐘が鳴らし続けながら片付けしてる山車(山笠?)に遭遇。
佐賀城下栄の国まつり

もう1つのクライマックスといった感じで、思いのほか佐賀の夜を満喫♪
posted by トモくま at 22:47| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

【17】筑後川昇開橋

有田からホテルのある佐賀市内へはビューンと高速で。
佐賀大和ICでおりて、ホテルに行く前に「筑後川昇開橋」を見に。

ぎゃー、なんか川が怖いんですけど(^^;
台風の影響なのか、濁流がまぁまぁの速さでゴーゴー流れてる…。
筑後川昇開橋

筑後川昇開橋は佐賀と福岡の県境、福岡県大川市と佐賀市を結ぶ橋です。
橋の中央部が垂直方向に上下する昇開橋で、9時から17時までの間、定時になると橋が可動するそうですが、着いたのが18時半ごろだったので橋は動かず(^^;

強風だし、時間が遅くて橋の駅ドロンパも閉まってたし、写真だけ撮って撤退〜っ!
posted by トモくま at 21:18| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

【16】高島豆腐店のごどうふ

ということで、最初は陶山神社から有田駅まで歩く予定だったけど、途中で心折れたので一旦駐車場に戻り、お目当てのお店まで車で行くことに。

佐賀の郷土料理(というのかな?)の「ごどうふ」を買いに、高島豆腐店へ。
ガイドブックで見たプリン型に入ったのを買おうと思ったら売り切れなのか並んでなかったので、こんなパックに入ったやつを。
高島豆腐店のごどうふ

ごどうふ(呉豆腐)は豆乳を葛粉や澱粉で固めたものだそうで、高島豆腐店のごどうふは原材料に「豆乳、甘藷澱粉、タピオカ澱粉」と書かれていました。
胡麻醤油がついてたけど黒蜜もいただいて、おかず系とスイーツ系の両方で味見。まっ、黒蜜をかけると予想通り関西でもコンビニとかで売ってる豆腐スイーツ系と似たような感じかな。
ふらっと寄った佐賀のスーパーでもほかのメーカーのごどうふが何種類か売ってたし、佐賀では定番なんでしょうね。

お店は有田散策マップ(PDF)を見て大きな通り沿いかと思いきや、細い道に曲がって更に奥にいかないといけないので、ふらっと歩いてると見つけられないのでご注意を。奥の看板が見えるかな(^^;
高島豆腐店
posted by トモくま at 21:14| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

【15】有田内山の町並み

陶山神社から「トンバイ塀のある裏通り」へ。
トンバイ塀は煉瓦や陶片などを赤土で固めた塀のことで、 “裏通り”というだけあって、特段なにもありません(笑)
トンバイ塀のある裏通り

裏通りを歩いてるとレトロな建物があるな〜と思ったら、深川製磁の本店でした。
深川製磁本店

ここから正面に回ってショールームを見てから有田駅方面に向かって歩いてみたけど、うーん、有田は歩いて散策する町じゃないな(^^;
広いエリアにスポットが点在してるし、上有田駅〜有田駅のあいだを見るのもレンタサイクルを借りるか、車移動が良いと思います。

★有田駅界隈の駐車場
私たちは陶山神社のすぐ近くに無料駐車場があったのでそこに停めましたが、有田はあちこちに無料駐車場があるみたいです。すばらしい(^-^)
⇒有田内山地区の観光駐車場
posted by トモくま at 21:52| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

【14】陶山神社

そして町の雰囲気も見てみたいので、有田駅方面へ。
陶山神社の近くの駐車場に停めて散策スタート!

ということで、まずは陶山神社。参道の階段をのぼると踏切が!
遮断機がなかったけど大丈夫なのかな(^^;
陶山神社

踏切を渡って、さらに階段をのぼっていくと神殿があります。
さすが有田の焼き物の神社だけあって、狛犬や鳥居も有田焼。
陶山神社

ちなみに「陶山神社」の読み方は「すえやまじんじゃ」だそうですが、カーナビに入れても出てこず、俗名の「とうざんじんじゃ」で入れるとでてきました。
posted by トモくま at 21:55| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

【13】有田焼卸団地のKIHARA(キハラ)

源右衛門窯から車で少し走って、もう1軒目をつけてたお店「KIHARA(キハラ)」へ。
キハラは有田陶磁の里プラザ(有田焼卸団地)にあって、キハラをはじめ何軒か有田焼のお店が並んでいるので、私のような初心者はここが買いやすいかも。伊万里や有田のお店は、ふらっと見るだけでは入りにくい雰囲気のお店が多かったので(^^;

そしてお店に入って値札を見て安心する(笑) 下の写真の取皿1枚と豆皿3枚を買って、源右衛門窯の取皿1枚と変わらないくらい。豆皿といっても、こっちは直径11cmほどあるので大きいし。

KOMONというシリーズで、和柄だけどモダンでカワイイ(^-^)
一番のお気に入りは千鳥のお皿。
KIHARA(キハラ)のお皿

何度も九州に来てたのに形に残るお土産を買ってなかったような気がして、今回は「焼き物の町でお皿とお猪口を買う!」というのが目的の1つでした。うん、満足満足(^-^) あっ、お猪口はまた後ほど…。
posted by トモくま at 23:10| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

【12】源右衛門窯

せっかく有田まで来たので、ちょっといいお皿を買いたくて源右衛門窯へ。東京や大阪にも直営店があるけど、やっぱり窯元で買いたい。
ということで窯元に到着。建物が立派! この一画に展示・販売しているショールームがあります。
源右衛門窯

この梅模様のお皿が欲しくて(^-^) ブルーがなんともいい色。
源右衛門窯の小皿・豆皿

直径7cmほどの豆皿で1枚 2〜3000円くらい。同じシリーズ・同じ大きさでも絵の細かさとかで値段が違います。いろんな絵柄を揃えたかったけど、予算の関係上、いろいろ組み合わせてみて悩みに悩んで小皿1枚と豆皿2枚。うん、私にしては奮発。

でも、いい食器を買うとなんかテンションがあがりますね♪ こんな料理をのせたい!とか妄想も膨らむし。
posted by トモくま at 00:22| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

【11】龍泉荘 奥の院 木もれ陽

そして有田へ行く前にもう1つ寄り道。龍泉荘という料亭にあるカフェへ。
伊万里〜有田を結ぶ大きい道路から少し山の方へ入っていくと料亭発見。料亭の門をくぐり奥へ。
saga11a.jpg

広い敷地には川が流れ、橋をわたって階段をのぼっていくとカフェ「木もれ陽」がありました。あっ、カフェの前に駐車場が…。駐車場が2つあって、かなり手前で道が分かれてて、私たちは知らずに第1駐車場にとめたけど、第2駐車場がカフェの真ん前にるじゃん(^^;

中に入ると、前面は天井から床までガラスで、緑いっぱいのカフェ。
旅行ではいつもガッツリ三食たべるけど、この日は14時をまわってもオナカがそんなにすいてない。あのオムキューブ、腹持ちよすぎ(^^; ということで、パンや軽食もあったけど、ガトーショコラとカプチーノを。
saga11b.jpg

ここのバリスタさんはラテアート日本3位だそうで。最後までスワンの絵が保たれてました。ガトーショコラはしっとりふんわり系。でも濃厚で美味しかったな(^-^)
しかし、私が旅行中にカフェでまったりするのも珍しい(笑)

私たちが入った時は空席も多かったけど、続々とお客さんが入ってきて満席に。帰る頃には待ちができていました。
さっ、オナカも満たされたし、次の目的地へGo!


●龍泉荘 奥の院 木もれ陽
http://www.ryusenso.jp/komorebi/index.html
posted by トモくま at 00:00| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

【10】エトワール・ホリエの「伊万里焼饅頭」

大川内山から有田へ向かう途中、伊万里駅の近くにあるエトワール・ホリエへ気になるお菓子を買いに。
というか伊万里駅周辺は想像してたより街でびっくり。いや、なんとなく「伊万里=焼き物の町」なので、伊万里市全体がもっと鄙びた感じかと思ってた。失礼(^^;

エトワール・ホリエの南支店へ行くと、お店の半分が和菓子コーナー、もう半分が洋菓子コーナーになってました。そしてこれがお目当ての「伊万里焼饅頭」。
伊万里焼饅頭

伊万里焼のひびれ焼きを表現したお饅頭。周りの紙の絵柄も数種類あってかわいい♡
中は黄身餡で、ひよこ饅頭みたいなのかなと思ったら、上がカリっ(シャリっ?)としてて、上にのってる小さなクルミもいいアクセントになっててGood(^-^)
この伊万里焼饅頭、「JAL国内線ファーストクラスの機内食に採用されました」と店頭のポップでも、そして箱にもシールが貼られてて、めっちゃアピールされてる。ファーストクラスに乗れないので、せめてお菓子の味だけでも(笑)

ほかにも伊万里らしいネーミングのお菓子がいろいろあったので、伊万里に行ったらお土産を買うのにいいお店だと思います。

●エトワール・ホリエ
http://etoile-horie.com
posted by トモくま at 23:01| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

【9】伊万里 大川内山の町並み

伊万里の「秘窯の里」と呼ばれる大川内山。関所みたいな門を通り、焼き物でできた橋を渡ると駐車場があったのでそこに車を停めて町並みを散策。駐車場の観光マップも焼き物でできていました。
伊万里 大川内山の町並み

当初、台風直撃予定だったので観光できるか心配だったけど、見事快晴。ただ風はけっこう強かったです。
いいなぁ、窯元の煙突のある風景(^-^)
伊万里 大川内山の町並み

道は細く石畳で、観光地だけど1本道を入れば普通に生活しているような感じ。駐車場の周りは観光バスも到着したので人も多かったけど、上までのぼってくると観光客もまばら。
「風鈴まつり」が開催されてて、軒先のあちこちに伊万里焼の風鈴が吊られてて涼やかな音色をだしてる中、1つ大きな風鈴が鐘のようにゴーンとした音が鳴ってました(^^;

伊万里焼や有田焼は「青」のイメージがあるけど、壁に埋め込まれた伊万里焼きがステキ。
伊万里 大川内山の町並み

今回の旅行で、伊万里、有田、波佐見と焼き物の町巡りをしたけど、町の雰囲気はこの伊万里の大川内山の町並みが一番よかったな(^-^)
posted by トモくま at 23:50| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

【8】山田SAのオムキューブ

3日目、朝から佐賀方面へ出発!
中津を出発して日田ICから高速に乗り、途中の山田SAで休憩。日田からだと30分もかからないサービスエリアなので何度か通ってるのに休憩したことはありませんでした。でも、雑誌で紹介されてたここのSAの「オムキューブ」が気になって。

こちらがオムキューブ。
山田SAのオムキューブ

ビジュアルはGood。名前と見た目通り、四角いオムライス。洋風、和風、あと鰻(これは期間限定かも)があって洋風(700円)にしてみました。
卵も分厚いし結構大きいので、半分こしたけどそれでも“小腹を満たす”量より多いかも。味はまぁ普通だったけど、卵がかなり甘かった…。もう少し卵が甘くなくてもいいような。私は1回食べれば十分かな(^^;

そして武雄北方ICで下りて、今回の佐賀旅行の目的「焼き物の町めぐり」をするべく伊万里へ。
posted by トモくま at 21:42| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

【7】宇佐からあげ「天下とり」(来々軒)

宇佐からあげ2軒目。からあげ太閤から車でスグの「天下とり」へ。
唐揚げ発祥の店と言われてる「来々軒」のテイクアウト専門店で、同じ敷地(キッチンはつながってる)にあります。注文すると揚げはじめてくれるので、しばし待つ。
来々軒のからあげ

すごい、天下とりはきちんと竹串をさしてくれてる♪(たぶん竹串をさしてくれてたお店は初めて)
そう、実は揚げたての唐揚げの写真を撮るのは結構ガマン大会(笑)めっちゃ熱いんですよね(^^;

骨なしモモと砂ずりを注文して、写真はモモ肉だけど、買ってすぐつまみ食いをしたのは砂ずり。クリスピーで濃い!かなり大きくカットされてて、噛み切れず丸々口に入れたら熱っ(笑) 中までしっかり味が入った濃い味で、これはビールが飲みたくなる唐揚げです(^-^)

そして揚げたてをつまみ食いしたけど、シロちゃんちでふたたび食べ比べ。
宇佐からあげ食べ比べ

左端が砂ずり(天下とり)、手前中央が骨なしモモ(天下とり)、そして中央奥が骨付き(太閤)。この11年ほど中津に来るたびに唐揚げを食べてたけど、これで一旦食べおさめ。ビールを飲みながら思い残すことなく唐揚げを満喫しました(^-^)


●からあげ専門 天下とり
http://tenka-tori.com
posted by トモくま at 09:56| Comment(2) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

【6】宇佐からあげ「太閤」

黒川温泉から中津に戻る前に唐揚げを買いに寄り道。
今回は「聖地中津」じゃなく「発祥の宇佐」へ。※宇佐は中津のお隣りです。

2軒連れて行ってくれるというので、まずは閉店時間の早い「からあげ太閤」から。19時閉店でナビの到着予定時刻がギリギリだったので車の中から予約の電話を入れて揚げておいてもらうことに。

からあげ太閤は日清から唐揚げ粉がでてたり、名前もよく聞く有名店なので大きいお店かと思いきや、よくある持ち帰り専門の小さいお店でした。私が行った時はほかにお客さんはいなかったけどフライヤーでじゃんじゃん揚げてたので、みんな予約してるみたい。

では、恒例の写真撮影とつまみ食いを(笑)
からあげ太閤

少し甘くて衣は薄め。甘いといっても前回食べた耶馬渓の川部精肉店ほどじゃないけど。
中津で唐揚げを食べる時、いつも「骨なし」を注文してくれるけど、いろんな部位が入っている「骨付き」を食べてみたくて骨付きに。手羽先とかも入ってていろんな部位が楽しめます(^-^)
ただし、車で食べるときは骨なしのがいいな。助手席で手を油まみれにしながら唐揚げを食べないといけないので(^^;


●からあげ太閤
http://www.karaage-taikou.com
posted by トモくま at 22:27| Comment(0) | 熊本・伊万里・有田旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする