2009年03月17日

ソウル旅行記【INDEX】

ソウル旅行記2009
  【0】ソウル旅行 行程表
  【1】JALで仁川空港へ
  【2】プレジデントホテル
  【3】両替はソウルの公認両替所で
  【4】キムガネでキンパ
  【5】中部市場
  【6】清渓川を歩いて東大門市場へ
  【7】広蔵市場でピンデトッ
  【8】明洞コスメショップめぐり
  【9】32パルフェのソフトクリーム
  【10】明洞参鶏湯で参鶏湯&あわび粥
  【11】ホボントースト
  【12】世界遺産「昌徳宮」
  【13】三清洞
  【14】ヒャンナムセーグルで豚焼肉
  【15】仁寺洞
  【16】秀印堂で印鑑
  【17】楽園トッチッ
  【18】MIZOエステサロンでマッサージ
  【19】群山オジンオでカンジャンケジャン
  【20】プゴグッチッ・ドジュンコル
  【21】大長今(チャングム)テーマパーク
  【22】大長今で韓定食
  【23】京東薬令市場
  【24】南山ケーブルカーに乗ってNソウルタワー
  【25】明洞焼肉専門店(韓牛房)で焼肉
  【26】ロッテマート ソウル駅店
  【27】クリスピークリームとロッテ百貨店
  【28】ノルブプデチゲ
  【29】バタバタ帰国

予想通りというか、ソウルでもやっぱりいっぱい食べてますね(^^;
ちょっと予定を詰めすぎたかと思いましたが、初海外の2人はいろいろ見れていっぱい食べれて喜んでました。…そして母、今回で味を占めたらしく、「韓国貯金しなアカン!」とか言ってました。どうか、その時はおばちゃん仲間と行ってくれますよーに(笑)

そして今回も長文を読んでくれた皆さま、お疲れさまでした〜。
ソウル旅行記、これにておしまいです(^-^)
posted by トモくま at 19:04| Comment(3) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【29】バタバタ帰国

プデチゲを食べてオナカいっぱいの後のマッサージ。気持ち良かったけど苦しかったデス(^^;
少し遅刻して行ったけどなんとか14:00に終り、小走りで群山オジンオ(お土産用カンジャンケジャンを購入)とキムガネ(夜食用キンパを購入)に寄り道をしてから急いでホテルへ。18:00の飛行機なのにホテル14:20発って早すぎじゃないッスか!?

バタバタとバスに乗り込んで空港へ。2時間前より少し早めに仁川空港に到着。出国手続きを済ませ、私が“母の”免税手続きをしてあげてる間に母と弟はその辺で買い物。我ながらできた娘だわ(笑) 結局帰りの空港でも時間いっぱい免税店めぐりをしてました、母。そういえば空港の免税店でウォンが足らなくて日本円で払ったら、普通に円で細かいお釣りを貰いました。免税手続きした時も現金で返してくれたのですが「ウォン、円、ドル、どれがいいですか?」って聞かれたし。仁川空港は便利ですね。

で、飛行機に乗って、行きのJALの機内食がしょぼかったので期待してなかったら帰りは「食楽空弁」という松花堂弁当。なかなかイイ感じです(^-^) 時間も時間だからか、前の席の方から「キリン」「アサヒ」と言う声が次々に聞こえ、ついつい私も「エビス」って言っちゃったよぅ。印鑑屋の先生にお酒控えめって言われてたのに、まっいいか(^^;

帰りは関空も全然混んでなくてスムーズに出口へ。いつもなら関空で解散ですが、今回は家族旅行なので家まで一緒。無事なにごともなく家に到着。お疲れさまでした、私(笑)
posted by トモくま at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【28】ノルブプデチゲ

ロッテ百貨店からちょっと急ぎ気味に歩いて、明洞のノルブプデチゲへ。ちょっと早めのお昼ゴハン。実はこの後 MIZOエステサロンで予約してたのでかなり急いで食事。じゃぁ食べなきゃイイじゃん!とお思いでしょうが、このプデチゲは済州島のリベンジという意味もあり、マッサージが終わってからじゃ食べる時間がないので、今しかないんです!!

ノルブプデチゲに着いたら壁にあるメニューを読み(もちろんハングル。こんな時だけ日本語メニューを探さずハングルを解読します(笑))、プデチゲと、ラミョンサリがハナです、ハナ!
専門店だけあって、手際よくパンチャンが並べられお鍋もセッティング完了。さぁさぁ、早く煮えてくれぃ。最初は白い鍋ですが、これまた煮込んでるうちに赤くなります。具はスパム、ソーセージ、ねぎ、トック、うどん、マカロニ、豆腐、ネギ。ほかにもイロイロと入っていたような。これらの具が煮えてきたら、インスタントラーメン投入。ラーメンが食べ頃になれば完成。
ノルブプデチゲ

ジャンクな鍋を汗だくで食べる。じっくり味わいません。ガツガツいきます。見た目より辛くありません。それとも辛さにマヒしてきたのか!? でもこのお鍋、意外と奥が深くソーセージやスパムからもダシがでてて美味しいです。時間がないと言いながら結構キレイに食べました。もっと時間があればラミョンをもう1個追加したのにな〜。ちなみにお店に入ってから出るまで30分もかかっていません、鍋なのに(笑)

なんとかプデチゲを食べたので、これで思い残すことが半減しました。この旅行、ラーメンに始まりラーメンに終わったような…。B級グルメ天国、バンザイ! ちなみにプデチゲは1人前6,000Wです。

●ノルブプデチゲ 明洞1号店
http://www.utravelnote.com/korea/food/nolbubudaejjigae
posted by トモくま at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

【27】クリスピークリームとロッテ百貨店

最終日の朝、当初の予定では早めに起きてピビンパを食べに行くはずだったのですが、前日の夜ホテルに戻ったのが12時過ぎで、それから荷物をまとめてたので朝起きられず…。結局時間もないのでロッテ百貨店の地下にあるクリスピークリームへ。ロッテ百貨店は10時半開店ですが、クリスピークリームは9時半から開いてます。

日本のクリスピークリームは相変わらず並んでいるようですが、ソウルは全然。私達が行った9:45頃は並ばずに買えたし、席もガラガラでした(※1時間後にはほぼ満席)。日本へのお土産なのか、箱買いしてる日本人の方がいっぱい。確かに大阪に持って買えるんだったら東京からもソウルからもあんまり時間変わらないですもんね(^^;

クリスピークリームで、注文したのはオリジナルグレーズド(1,200W)とグリーンティー(1,300W)、それとカフェラテ。グリーンティーはそれほど驚きもなく普通のドーナツ。あまりふんわり感もないし…。やっぱオリジナルグレーズドの、あのできたてのふんわりを食べると、あ〜幸せ(^-^) これでニューヨーク日本・ソウルと3カ国でオリジナルグレーズドを食べましたが、どこも同じ味でした。次はどこで食べようかしら(^-^)

ロッテ百貨店の開店までまだ時間があったので、私は明洞へひとっ走り。私が買い忘れてたコスメと母のBBクリームを買いに。その間、母と弟はクリスピークリームで待ってたのですが、帰国してから2人がドーナツを追加購入していたことが判明。またスグに昼ご飯を食べるから、1人1個ずつね!って言っておいたのに(上に書いてるドーナツ2種類は母と半分コしたんです)、なんか裏切られた気分だわ(笑)

まっ、そんなことはどうでもいいのですが、この後ロッテ百貨店で母が最後の買い物をして、きちんと免税手続きもしてたら、また時間オーバー。「母と行く時は買い物タイムを多めに取れ」というイイ教訓になりました(^^;
posted by トモくま at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【26】ロッテマート ソウル駅店

焼肉を食べ終えたのは10時すぎ、このままだとしっかり脂肪として身に付くんでしょうね。コワイコワイ。なのでカロリーを消費すべく、ロッテマート ソウル駅店まで歩いてみました。徒歩30分。すっかり消費。
ちょっと歩き疲れましたが、ソウルでやっと大型スーパーです。夜だけどテンションが上がります。大きなカートをゴロゴロ押して、じゃかじゃか入れちゃいますよ〜(^-^) ハイ、こんなモノを購入しました。

ロッテマート。楽しいッス。●韓国海苔(12袋)  3,170W
●韓国海苔(40袋)  7,400W
●海苔ふりかけ(2袋)  2,980W
定番です。白い方が12袋入り。1袋10枚入ってました。40袋入りのはノーマル20袋とキムチ味20袋。こっちは1袋8枚でサイズも小さめですが、かさばらないので持ち帰りにはイイです。海苔ふりかけは予想に反して甘かった(^^;

●ゴマ油 3,450W
値段だけ見ると日本より高いかも。でも韓国のが濃いです。市場で売ってた搾りたてゴマ油は1瓶15,000Wくらいしてました。

●エゴマのキムチ(計り売り300g) 5,780W
●エゴマの葉の缶詰 1,490W
ワタクシ、エゴマ好きです。日本のスーパーではあまり見かけないので嬉しくって購入(^-^) これで自家製キンパも美味しくなります。

●サムジャン 980W 1,180W
焼肉の時、サンチュにつける味噌です。これも日本で買うと結構高かったりするので。

●チャプチェ  980W
チャプチェ用の春雨とタレが付いたセット。きっと恋しくなるだろうし…。

●トッポギ   1,500W
済州では見つけられなかったけど、お餅とタレがセットになったトッポギを発見。パッケージの写真はスパゲティの上にトッポギがのってたけど、トッポギスパゲティって韓国でメジャーなのかしら(^^;

●ダシダ(300g)  3,800W
牛肉ダシの素です。韓国料理のレシピを調べてると「牛スープ」というのがよく出てくるのですが、毎回牛肉からダシを取るワケにもいかず、調べてみたらやっぱり便利なのがあるんですね。

●柚子茶(15個)  3,990W
1回分ずつ小分けにされた柚子茶。ちょっと便利。

●お餅チョコパイ  3,850W
ロッテチョコパイの、スポンジ部分がお餅になってます。中も白いクリームじゃなくてチョコクリーム。美味しかったです。お土産にする場合は外箱が潰れやすいので注意。

●ホットッの素 3,980W
屋台の味をもう一度。お家でホットッが作れる素です。

●マッコリ(6缶)  3,100W
地元で普通にビールを買うように、6缶セットのマッコリ(笑)
瓶より持って帰りやすいし何より安い。1缶あたり35円。でもまだ飲んでないんですよね…。


済州島の時よりも食材が増えてます(笑)
あまり時間がなかったので食料品売場しか見てませんが、ダイソー(1,000ウォン均一)も入ってました。それでも予定時間30分のところ、1時間以上ふらふらと買い物してました(^^; もちろん上記の品々は私が買ったもので、母も海苔やらキムチやら大量購入して荷物いっぱいなので帰りはタクシーでビューンとホテルへ。5,000Wくらい。ほんと、タクシーが安いので助かります(^-^)

●ロッテマート ソウル駅店
http://www.konest.com/data/shop_mise_detail.html?no=1380
posted by トモくま at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

【25】明洞焼肉専門店(韓牛房)で焼肉

南山から下りて明洞に戻ってきたのは9時前。さすがにお腹が空きました。この感覚、初日にキンパを食べる前に味わって以来(笑) 翌日は2時半ごろホテルを出発しないといけなかったので、この日がソウル最後の晩餐。はい、まだ食べてないモノがありますね。韓国といえばやっぱコレ! カルビですっ! 牛焼肉ですっ! ということで明洞焼肉専門店へ。今回焼肉屋をチョイスするにあたり「韓牛」という条件を出されており(母上から)、調べた中でなんとなく良さそうだったココに。お店に入って早速注文。ガッツリ食べるぞ〜(^-^)
明洞焼肉専門店

続々とお肉が運ばれて参りました〜。韓牛盛り合わせ(500g / 60,000W)、ヤンニョンカルビ(味付カルビ:350g /25,000W)×2人前、ユッケ(150g / 23,000W)。
盛合せは、中落ちカルビ、牛バラ肉、牛ともばら肉、生カルビのセット。牛ともばら肉(左上の写真の左のお肉)は脂がいっぱいに見えますが脂じゃなく筋だそうです。でも柔らかくておいしい。新鮮なので赤身のお肉は 「生で食べられますよ」と言われて生で一口食べてみる。そして焼き過ぎず、イイ感じのところでパクリ。おいしいデスっ(^-^)

店員のお姉さんやおじちゃんが入れ替わり立ち替わりお肉を焼いてくれるので、普段焼肉奉行のワタクシは仕事ナシ。食べることに集中できました。 ユッケも量が多くて日本と違ってガバッと食べられたし、あ〜、シアワセ。

お腹いっぱいになったところで、ハイ、計算してみてください。味付けカルビは骨とタレが含まれてるとは言え、肉総重量1キログラム超(笑) 3人でペロッと食べました。あぁ恐ろしい(^^; 赤身で柔らかいので全然そんなに食べた気がしません。付けダレもゴマ油&塩とさっぱりタレの2種類用意されてるので好みで食べれますし。そして最後は冷麺で〆て、満足です。

日本人観光客向けのお店ですが、その分サービスも良くてお店もキレイなので、安心して食事したいという方にはオススメのお店です。

●明洞焼肉専門店
http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=1718
posted by トモくま at 23:20| Comment(3) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

【24】南山ケーブルカーに乗ってNソウルタワー

NソウルタワーOPツアーも終わって、今度はNソウルタワーへ。母がどうしても行きたかったらしく、小高い山の上にあって寒そうだから昼間に行こうと思ったのですが、現地ガイドさんも「夜の方が絶対イイですよ!」と言ってたので夜景を見に行くことに。

Nソウルタワーのある南山へは、ケーブルカー、バス、そして徒歩でも登れるそうですが、ケーブルカーが一番ラクそうだったので南山ケーブルカーで登ることに。まずはロッテ百貨店前からタクシーを拾って南山ケーブルカー乗り場へ。タクシー代は確か3,000Wもしなかったと思います。そしてタクシーを降りてビックリ…。めっちゃ並んでるじゃん!!!

20分以上待ってようやくケーブルカー(というかロープウェイですが…(^^;)に乗り込み、ここからソウルタワーのある降り場までは5分ほどの空の旅。ケーブルカーを降りてソウルタワーまで5分ほど坂を上り、ソウルタワーのチケット売場へ行ったら「只今20分ほど待ち時間がありますがよろしいですか?」と聞かれる。まぁここまで来たので待ちますとチケット購入。でもここの待ち時間はチケットに番号が書いてあってタワー入口で自分の番号が出てきたら上りに行くので、その間お土産買ったりその辺でウロウロできます。タイミングがよければ、タワーの白い壁面をスクリーンにして映像が映し出されるので、それを見てても楽しいかも(写真は、水面みたいなのが映されてました)。

予告通り20分ほどしてからやっとチケットに書いてある番号が案内画面に出てきて、タワーへ上るエレベータへ。すぐにエレベーターに乗れるのかと思いきや、またエレベーターに乗るために待つ…。そしてようやく着きました。
Nソウルタワーからの夜景

ソウルな夜景です。360度こんな感じの夜景が広がってます。
ロープウェイの乗り場から計算すると、ここまでたどり着くのに1時間20分ほどかかりました。せっかく時間をかけて上ったので、展望台フロアにある“ソウルで一番高いトイレ”にも並びました(^^; 大きな窓でトイレからも夜景が楽しめます(笑)

さぁ、展望台も一周りしたし帰ろうかと思ったら、今度は下りのエレベーターに乗るために長蛇の列。そしてやっとタワーから降りたら、今度はまたケーブルカーに乗るための列…。結局、予想に反して3時間ほどかかってしまいました。今回の旅行で一番混んでたスポットで、率直な感想としては「あまり時間がないんだったら、こんなに待ってまで登ることないんじゃない?」って感じです(^^;

●Nソウルタワー
http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=546

●南山ケーブルカー
http://www.seoulnavi.com/spot/goods_article.php?goods_seq=72&category_id=08
行きは乗り場までタクシーで行きましたが、帰りはケーブルカー乗り場から明洞駅まで歩きました。徒歩で10分ほどの距離でしたが、結構急な坂なので行きはタクシーをオススメします。
posted by トモくま at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【23】京東薬令市場

京東薬令市場昼食のあと新羅免税店に行って、ツアー最後のスポットは「京東薬令市場」。漢方薬や漢方医院が並ぶ市場で、バスを降りた途端すごい漢方薬の臭い。呼吸してるだけで健康になりそう(^^;

薬令市場は大きな京東市場にあり、大通りを挟んで食料品を扱う市場と薬令市場に分かれています。店先では棗や五子味から高麗人参、干しムカデまで売ってます。ムカデ、ピンっと伸ばされキレイに乾燥してるので気持ち悪さはありません(個人差アリ(笑))。

この市場ではほとんど日本語が通じないらしいのですが、コースで立ち寄る漢方薬屋さんは日本語が通じ、病院を併設してて10,000Wで脈診をしてくれるというので診てもらうことに。ソウルで健康診断。
診察まで少し時間があったのでガイドさんと一緒に食料品市場めぐり。この京東市場には噂の「犬」が売ってるそうです。東大門や南大門など、観光客の集まる市場では犬を売るのが禁止されてるそうですが、この京東市場は地元客が集まる在来市場なので少し奥の通りに行けば、さばかれた犬が売ってるとのこと。私は郷に入れば郷に従え精神なので見てみたかったのですが、母が「いら〜ん」と言うので結局見に行かず。

ちょうど戻ってきたら名前を呼ばれて、通訳してくれる方と一緒に診察室へ。年配の先生に脈をはかってもらいながら問診。韓医学では「四象体質」と言われ、太陽人・少陽人・太陰人・少陰人の4つの体質に分けられるそうです。私は、太陰人が70%、少陰人が30%。太陰人は「よく太るタイプ」で心肺機能や皮膚が弱いそうで、四象体質の特徴を読んでると確かに太陰人の特徴が一番当てはまってました。
あと、血の流れが悪いとか、コーヒーは1日一杯までとか、いろいろアドバイスをしてもらい、最後に自分に合った漢方薬を処方してくれます。私のは1ヶ月300,000W。血液の流れが良くなるような漢方薬らしいのですが、 もちろん購入してもしなくてもよくて、粉薬かと思ったら煎じた液体を作ってくれるようで、私は絶対飲めないのでお断りを。
人によって処方は異なり皆さん150,000W〜300,000Wくらいの間の漢方薬を勧められていました(ガイドさん曰く、別に日本人価格じゃなく相場的にこれくらいの価格らしいです)。

韓医院で診てもらうっていう経験もあまりないので、なかなか楽しかったです。
そして最後はロッテ百貨店の前まで送ってくれてチャングムちゃん号終了。お昼ゴハンや入場料も付いて5,800円でした。

●京東市場
http://www.seoulnavi.com/spot/goods_article.php?goods_seq=1223&category_id=04
診察してもらった病院は確か大通り沿いの第6ゲートの角で、「慶熙韓医院」というところです。
posted by トモくま at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

【22】大長今で韓定食

テーマパークを後にして、また1時間ほどチャングムDVDを見ながらソウルへ移動。着いたのはシーラ免税店から歩いてスグの「大長今」というレストラン。この日のお昼は韓定食です。

大長今で韓定食
●アズキのお粥  …甘くないです
●水キムチ
●サラダ   …ちょっと不思議なブルーベリーっぽいソースがかかってました
●チャプチェ …これが一番おいしかった
●ジョン(チヂミ) …う〜ん。前日と前々日に食べた方がおいしかったな。
●薬膳蒸し鶏  …ガイドさん、「参鶏湯」って言ってたけど、なんか違うような(^^;
●薬膳スープ  …冬瓜っぽいかぼちゃが入ったピリ辛スープ。結構スキ。
●テンジャンチゲ …味噌鍋ですが、粉鰹が入ってるみたいで粉っぽい。
●ナムル  …小皿が8種類並びました。全部混ぜるとピビンパのできあがり(笑)
●わかめスープ
●ご飯
●じゃがいものお餅 …ほんのり甘いんだけど、イマイチじゃがいもが分からず
●柚子茶  …普通においしかったです(^-^)

う〜ん。ちょっと期待しすぎてたかな。量は多くて食べきれないんですが、お味はそこそこな感じ。団体客用なので既にテーブルに並べられていたお粥の表面が乾燥してたとか、そういうのもマイナス要素なんですが。まっ、最後の柚子茶が美味しかったのでヨシとしましょう。

●大長今
http://www.seoulnavi.com/spot/goods_summary.php?category_id=03&goods_seq=588
posted by トモくま at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【21】大長今(チャングム)テーマパーク

干し鱈スープで朝からほっこり温まって、次はOPバスツアーの集合場所 ロッテホテルへ。待ってたバスは「チャングムちゃん号」…。なんだ、この名前は!?(笑) このツアーは韓国ドラマ「チャングムの誓い」のロケ地に行って、韓定食を食べて、薬材市場をまわるというチャングムを見てた人なら「なるほど〜」と思うツアー。バスに乗ると早速チャングムDVD。移動中ずっと総集編やNG集が流されています。チャングムを見たのは数年前でちょっと話しも忘れかけていたので、ちょうど良かったですけど。

ソウルからバスに乗って1時間ほどで楊州にある大長今(チャングム)テーマパークに到着。
きゃー。水刺間(スラッカン)だわ! トックおじさんの家だわ! 牢屋だわ! 酢の壷だわ!
太王四神記のテーマパークもそうだったけど、ドラマを見てるとテンションが上がります。
大長今テーマパーク

そしてツアーではドラマの衣装に着替えられるチケットがついてたので、私達も着替えて撮影大会。えぇ、チャングムコスプレです。衣装は女性用は女官・医女をはじめ数種類用意されており、母は尚宮(サングン)に、私は更に身分が高くゴージャスな皇后に(笑) あの塩沢ときのようなカツラも貸してくれます。尚宮と皇后、ネタ的にはオモシロイですが、写真に撮るなら医女がカワイイと思います。ちなみに男性用はミン・ジョンホ様が着てた青いのと、政治家のおじさま達が着てた赤い衣装の2種類のみ。

旅行が終わってから母に今回の旅行で何が一番楽しかったかを聞いたら、このチャングムテーマパークとのこと。ドラマを見てたおばさま達を連れていくにはイイ場所です。

●大長今(チャングム)テーマパーク
http://www.seoulnavi.com/miru/miru.php?id=374
posted by トモくま at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

【20】プゴグッチッ・ドジュンコル

そして3日目。体調は完全復活。この日はJTBのオプショナルツアーを予約してたので気分的にもラクだったんですよね。っと、その前にまずは朝ゴハン。向かったのはホテルから歩いて5分ほどのところにある「プゴグッチッ・ドジュンコル」
お店の前まで行くと一瞬 開いてるのかな?って思うけど、お店に入ってビックリ! 7時過ぎだというのに地元客でほぼ満席。ここはメニューが1つしかないので注文しなくてもモノが出てきます。そして出てきたのがコレ。干し鱈のスープ。
プゴグッチッ・ドジュンコル

見た目にはそんな派手さはないんですが、これがすごく優しい味でじんわり美味しい〜。具は干しダラと卵、豆腐、ネギ。薄味でアミ海老の塩辛を入れて味を調整するのですが、塩辛を入れなくてもいいダシがでててこれだけで十分。
キムチも甘めで食べやすいし、水キムチもさっぱりしてて全部飲んだし、そしてアミ海老の塩辛にネギとゴマ油を混ぜたの(スープの左上にちょこっと写ってるやつ)がすっごくご飯にピッタリで、珍しくご飯までも完食。もちろんスープも全部飲んじゃいました(^-^)

お店の人は日本語が喋れませんが皆フレンドリーで親切。おかずを持ってきては「これをご飯に少しのせるんやで〜」とか「スープの中にアミ海老の塩辛を入れるんやで〜」といろいろ食べ方を教えてくれます。 帰りに飴ちゃんもいっぱいもらったし、価値ある5,500W。ソウルに行く機会があったら、もう一度ここで朝ご飯を食べたいな。

●ブゴクッチプ・ドジュンコル
http://www.seoulnavi.com/spot/goods_summary.php?category_id=03&goods_seq=572
posted by トモくま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【19】群山オジンオでカンジャンケジャン

マッサージが済んでから、MIZOエステサロンから5分程のところにある「群山オジンオ」へ夕飯を食べに。この日はお昼に焼肉を食べたので夜は海鮮です。お店に行くと予約でほぼ満席でしたが待たずに座れました。メニューを見てると店員さんが「3人ならAコース1つで十分ですよ」と言ったのでAコース(105,000ウォン)を注文。
群山オジンオ

まずやって来たのはカンジャンケジャン。生カニの醤油漬けです。うんうん、これが食べたかったんです。カニは2杯分。足をポキポキと折って、甲羅にご飯を入れて出してくれます。このカニの甲羅ご飯、蟹味噌と醤油とご飯と海苔を混ぜて食べるのですが、メッチャウマです。足も思ったより身と味噌がたっぷりで、醤油漬けといってもカニの甘さが引き立つほど良い醤油味でカニ好きにはたまりませんね。

次に出てきたのは海鮮チヂミ。うん。これもおいしい。そして最後に海鮮鍋。最初(写真左下)は赤くないんです。それが煮込まれるうちにだんだん赤くなって、ほぼ煮えたところでおばちゃんが生きてる蛸を持って登場。嫌がる蛸はドボンと鍋の中に。蛸に軽く火が通ったらできあがり。ほかにも鍋の中にはカニ、はまぐり、あさり、海老、イカ…。とにかく海産物がてんこ盛りでした。

で、お鍋もお腹いっぱい食べようと思ったんですけどね、こんな時に頭痛がひどくなって…。実は旅行前からの睡眠不足と疲労がこの日の夕方頃からどっと出てきて、こんな時に限って頭痛薬もホテルに置いてきて。ということで、鍋は蛸と海老とあさりを一口ずつ食べたくらいで終り。「あとは頑張ってくれ!」と母と弟に託す。2人ともよく頑張って、ほぼ完食してました(^^;
あ〜。なんか今思い出しても悔しい! 今ならガツガツ食べれるのに(>_<)

…そして店を出てホテルに戻り薬を飲んで30分程寝たら復活。小腹が空いたのでお餅を食べたワケです。復活、早っ!

●群山オジンオ
http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=968
posted by トモくま at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

【18】MIZOエステサロンでマッサージ

お餅も買って一旦ホテルに戻ろうかと思ったけど、中途半端な時間だったのでそのまま明洞へ。この日は夕方からMIZOエステサロンでマッサージの予約をしてたんです。なので30分ほどカフェで時間を潰す。普通にカフェラテ。

ソウル旅行が決った時、母に「何したい?」って聞いたら「アカスリしたい!」って言ってたのですが、母も弟もサウナが苦手なので結局マッサージへ。MIZOエステは10:00〜18:00までサービスタイムで、予約すると半額になる素敵な料金設定。で、ネットで予約する時に「上半身コースがいい? 足コースがいい?」って聞いたら悩みに悩んで「両方!」(by. 母)って。なので結局3泊4日のうち、2日目と最終日に予約を入れておりました(^^;

この日は17時から予約してたので、少し早めに行った方がいいかと思い16:50に行ったら、受付で「予約17時からですよね!? もう一度17時に来てください。時間少し過ぎてもいいですよ」って。5分前行動を心掛けているワタクシには意外…。韓国ってこんなもんなの?(^^; で、気を取り直して17時過ぎにもう一度行く。

まずこの日は足アロマ経路コース。10分ほどフットスパをしてから、足首から下をパラフィンパック、その後エアマッサージと、足ツボ、マッサージ、ストレッチ。朝から歩き疲れた足もスッキリ軽くなったわん(^-^)
で、最終日は上半身アロマ経路コースにしたのですが、こちらは背中とお腹の経路マッサージ、赤外線浴、ホットパック、あと足のエアマッサージもしれくれました。

足アロマ経路コースも上半身アロマ経路コースも70分で30,000Wでしたが、足アロマは待ち時間や機械を使ってる時間が長く、上半身コースの方が人にマッサージしてもらってる時間が長いので上半身のがお得なような…。定価だとちょっと高いかなって思うけど、サービスタイムは70分で2,000円くらいなので明洞の買い物の合間にオススメです。

●MIZOエステサロン
http://www.konest.com/data/esthe_mise_detail.html?no=1441
posted by トモくま at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【17】楽園トッチッ

買い物も終わったしそろそろ明洞に戻ろうかと思ったら、母が「お餅を買いたい」って…。仁寺洞界隈にはお餅屋さんがたくさんあって気になったんでしょうね(^^; どうせなら美味しいところで買いたいので5分ほど歩いて「楽園(ナグォン)トッチッ」へ。どんな要望にもお答えすべく、ガイドのトモくまはいろいろチェックしておりますのよん(^^)

店内に入るとお土産にできそうな日持ちのするお菓子類もありますが、店頭に並んでたこういうお餅の方がおいしそうですよね。小さいパックはどれでも3,000W。どうせならいろいろ試してみたいので、3種類盛合せになったのを購入。
楽園トッチッ

まずは三色団子のようなクルトッ。これは弾力のないお団子の中にゴマ蜜が入ってました。
それから茶色のおこわのようなヤッシッ。餅米にハチミツ、ゴマ油、しょう油で味付けしたおこわで、栗、ナツメ、松の実が入ってます。
あともう1つは名前が分からなかったけど、白くて甘いやわらかいお餅に栗や黒豆が入ったの。私はこれが一番スキでした。

これらのお餅、この日の夜ホテルに戻ってから食べて、残りを次の日のおやつにしたのですが、クルトッは冷蔵庫に入れてたせいか外が固くなってガクッと味が落ちてました。食べる時はお早めに〜。

●楽園トッチッ
http://www.konest.com/data/shop_mise_detail.html?no=2540
posted by トモくま at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【16】秀印堂で印鑑

仁寺洞で、というかソウルで私が行きたかったお店がここ「秀印堂(スインダン)」。印鑑屋さんです。私は仕事柄 印鑑を使いますが、今まではシャチハタや普通の認め印をぽんっと押すだけ。いやいや、ここらで一度きちんとした印鑑を作らねばと考えてたところ、ちょうどソウルに安くてイイ印鑑を作ってくれるところがあると知り秀印堂へ。

「アンニョハセヨ〜」と扉を開けると、目の前に印鑑を作る先生。店内はすごく狭いです(^^; 簡単に挨拶と世間話をしてから、まずは名前、生年月日、生まれた時間を書いて四柱占い。
私のラッキーカラーはアイボリーホワイトで、アンラッキーは黄色。方角は南と西がよくて、北と東がダメだそうで…。と、聞いてから、

「部屋のどこで寝てますか?」 …南西の角です。
「頭はどっち?」 …西。。。
「カーテンの色は?」 …西はオフホワイト、南は薄いベージュ。
「すごく良いですね。」 …おぉ!
ちょっとビックリ。偶然にも私の部屋はめちゃイイ感じみたい。

「結婚は?」 …まだですよっ。
「35才まではしない方がね。それまでにすると離婚するし」 …私&母、苦笑(^^;
「もう少し仕事を頑張って」 …って、実はどこか仕事先の回し者でいらっしゃいますか!?(笑)

「食べるのスキですね?」 …よくご存知で(笑)
「食べ過ぎで体壊しますよ」 …やっぱ、そうですよね〜。
「これからは高いものを、少しだけ、ゆっくりと食べるようにね」…まさに、今私が心掛けていること。
「あっ、大酒はダメですよ」 …なんでもお見通しッスね(^^;

実は占いって星占いくらいしか読まないんですが、初めてこんな風に見てもらってちょっと楽しかったです。この先生、けっこうスゴイ人のようですが、気さくだし日本語も上手だし、話してるだけでも面白かったな。

秀印堂の印鑑で、本題の印鑑ですが、ホントは仕事用なので角印にしたかったんだけど、私の場合 角印は運気を下げるとのことなので丸い印鑑に。材質は白水牛がいいそうで、4文字彫るので少し大きめの15mmのものにしました。これで90,000W(ケース付)。もう少し安い黒水牛や小さいサイズも紹介してくれましたが、まっ、何度も作るもんじゃないので一番のオススメを。
注文しておいた印鑑は翌日の夜、ホテルに届けてくれました。今回の旅行でこれが一番高い買い物でしたが、すごく気に入ってます。開運、開運〜(^-^)

●秀印堂
http://www.konest.com/data/shop_mise_detail.html?no=1586
私が作り行った時は結構注文が入ってたようで、翌々日帰ると言ったら安心されてました。作られる場合はちょっと余裕を持って行った方がいいかも。
posted by トモくま at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

【15】仁寺洞

三清洞から今度は仁寺洞(インサドン)へ。ここのメインストリート仁寺洞ギル沿いには、伝統工芸品や定番のお土産物屋さん、カフェなどが並んでます。“韓国らしいお土産”を探している人はココに来るといいですね。もちろんうちの母上は“韓国らしいモノ”を買ってました(笑)

気になるお店をちょこちょこのぞきながら、途中「サムジキル」という韓国工芸品を今っぽくアレンジしたようなお店がたくさん入ってるスポットへ。店内は廊下が螺旋状になってて階段をのぼらずに最上階の4階までたどり着けます。ここでは若いコたちがやたら写真を撮ってましたが、写真スポットなのかな?
サムジキル

そして仁寺洞にもまた私を誘惑する屋台が。ココで食べたのは一見ミニ回転焼きのようなプールパン、7個で1,000W。食べてみると、外側は回転焼きの皮じゃなくタコ焼きな感じ。外はこんがり焼けてるんですが中は白くとろっとしてて、そこにあんこが入ってるちょっと不思議な食べ物でした。
あと念願のホットッ! めぐり会えました(^-^) 最初通った時はこの屋台に気付かなかったのですが、帰りに同じ道をもう1度通ったら行列発見。このホットッは1個900Wで揚げてるタイプ。薄い揚げパンの中に黒糖&ほのかなシナモン風味の蜜と松の実?や豆が少し入ってました。ウマイ! …って、こんなことしてるから旅行中いつもオナカいっぱいだったんだわ(^^;
仁寺洞の屋台
posted by トモくま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

【14】ヒャンナムセーグルで豚焼肉

で、小洒落た街 三清洞でランチ。入ったお店はおしゃれなカフェではなくて、豚焼肉が食べれる「ヒャンナムセーグル」。やっぱりガッツリ系(^^;

お店は地元のお客さんオンリー。店員さんは日本語を喋れんませんが、メニューに日本語が書いてました。注文したのはサムギョプサル(W8000/200g)2人前と、生モクサル(W7000/200g)2人前。昼からなんぼ食べるねん(笑) サムギョプサルは豚の三枚肉(バラ)で、モクサルは豚の首肉です。
ヒャンナムセーグル

ここは自分で焼かないといけないので、焼き肉奉行のワタクシはせっせと焼いてハサミでちょきちょき。できたお肉と焼いたキムチをサンチュで巻いて、お味噌をつけていただきまっす(^-^) ここのお味噌、少し甘めでかなりスキな味。キムチはそのままで食べるより焼いてお肉と一緒に食べた方が美味しかったです。新たな発見。(地元のお客さん、皆キムチを焼いてました)

豚肉ばっかりで脂っこいかと思いきや、鉄板を斜めにして余分な脂が下に落ちるようにしてあるし、サンチュと一緒に小さな白菜も生で食べるようにでてきたのですが、これにお味噌をつけて食べると口の中がさっぱり。お肉も完食しましたが、野菜もかなり食べました。 ただ、私にはモクサルとサムギョプサルの違いがあまり分からず…。どっちも美味しかったんですけどね。

このお店、モクサルとともに「シゴルチョングッチャン」という納豆チゲが有名だそうですが、納豆嫌いの母に「あんた1人で食べや」と言われたので結局注文せず…。ちょっと心残りだわ(笑)

●ヒャンナムセーグル
ソウルナビ、コネストでは紹介されていませんでした…。
場所は三清カルククス(←このお店はスグ分かると思います)の数軒南側の2階です。
posted by トモくま at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【13】三清洞

昌徳宮から北東へ20分ほど歩き三清洞(サムチョンドン)へ。そこにはノスタルジックな通りと新しい風を感じる街が共存していました。…まぁ、奈良の人に分かりやすく言うと「ならまち」を大きくした感じみたいなもんかな(笑)

高台には入り組んだ道と急な坂道と昔ながらの家々。奥には銭湯の煙突らしきもの。日本の一昔前の風景と似てますね。
ノスタルジック三清洞

メインストリートには、イイ感じのカフェや小さなギャラリー、若手デザイナーさんのお店らしきショップが。
ナウな三清洞

横道に入るとヨーロッパの路地に入ったような景色。ソウルだけど、韓国っぽくない。今回の旅行でここが一番歩いてて楽しかったエリア。今度時間があったら細い路地を迷子になりながら散策してみたいな。
三清洞…いい街でした
posted by トモくま at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

【12】世界遺産「昌徳宮」

朝ゴハンもしっかり食べたし、観光へGo! 向かったのは昌徳宮(チャンドックン)。ロッテ百貨店のあたりからタクシーに乗って約20分、5,000Wもしませんでした。
昌徳宮〜敦化門

昌徳宮は朝鮮王朝時代の王宮でユネスコ世界遺産にも登録されており、建物保存のため案内ガイドと一緒に見学をしなければいけません(4月〜11月の木曜のみ自由見学できるそうです)。日本語によるガイドは1日4回。そのうち朝イチの9:30 のガイドツアーに参加するために、9:10 頃に昌徳宮に到着。まだこの時間はちらほら人が集まりかけてたくらいなのですが、チケットを買ったり写真を撮ったりしてるうちにバスが続々と到着し、10分も経たない間に入り口の敦化門前の広場は満杯。1グループでは回れないので2グループに分けられたのですが、ガイドさん曰く、この日は特別多かったらしくて1グループ300人程度いるのではないかとのこと。1人のガイドさんの後ろをぞろぞろと歩き、ガイドツアースタート。

昌徳宮

約1時間20分かけて、色鮮やかな宮殿から、木造建築、また少し奥に入った造園まで、グルッと見てまわります。チャングムのロケ地になった場所(写真右下)もありました。街中のショッピングも楽しいけれど、朝の爽やかな空気のなか散策できて、昌徳宮も1度は行く価値アリです。

●昌徳宮
http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=547
日本語ガイドは、9:30/10:30/12:30/14:30/(3〜10月は16:30)と時間が決っていますが、ガイドさんによると12:30が一番空いてるそうです。
posted by トモくま at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11】ホボントースト

2日目です。朝8時過ぎにホテルを出発して、まずは朝食を買いに。
ソウルで朝ゴハンと言えば、お粥やソルロンタンなどが有名ですが、ネットで調べてたら「トーストがおいしい」とのことだったので、トーストを買いに前日に行った両替所のスグ近くにあるホボントーストへ。トーストと言っても韓国ではホットサンドのこと。朝から地元のお客さんが買いにやってきます。

店頭でメニューをチェックし、お店の名前にもなってるホボントーストとハムチーズトースト、それとコグマトーストを注文。子グマ…共食いです…。って「コグマ」は韓国語で「さつまいも」のこと。
ホボントースト〜焼いてます

鉄板の上で食パンと、その横でお好み焼みたいなのをたくさん焼いてたので、韓国では朝からチヂミを食べるんだぁと思ってたら、これがホボントーストの具。卵と野菜のオムレツみたいな感じ。これに甘いソースがかかってます。ちょっと不思議な味だけど、とってもGood。
それからハムチーズトースト。これは名前の通りですが、ハム、チーズ、ピクルス、薄焼き卵、レタス、そこにチリソースがかかっててピリ辛、だけど甘め。
最後にちょっと気になるコグマトーストは、鉄板の上で卵を軽く焼いてそこにサツマイモペーストを包みオムレツみたいにしたものを具としてはさんでました。これまた少し甘めです。

ホボントースト〜食べましたトーストと一緒にフレッシュジュース(苺、キウイ、バナナの3種)も注文したのですがこれが贅沢なジュースで、果物と氷だけをガーっとミキサーにかけたもの。私のオススメは苺。お値段は少し高め(4500W)ですが美味しかったです(^-^)
朝からボリュームたっぷりのホットサンド。でも、どれも半分に切ってくれてるので食べやすいし、なんか美味しくってあっさり完食。ただ、お持ち帰り専門店なので食べるところがなく、近くのオフィスビルの下にあったベンチで食べてたら寒かった…。冬はホテルに持ち帰ってお召し上がりください(^^;

あっ、そうそう。ココで「ハナ」と「トゥル」という韓国語を覚えました。日本語の「1つ」「2つ」です。日本語が通じず、お店の人が「ホボン、ハナ? ヘムチズ、トゥル?」と手を使いながら確認してくれたので、「ハナ」=「1つ」と判明。「イル、イ、サム…(1,2,3…)」と少しだけ韓国語の数字を覚えて行ったのですが、ほかのお店でも断然この「ハナ、トゥル、セッ」を使う方が多かったです。ちなみに一番最初に覚えた数字は「サム(3)」。サムギョプサルのサムです(笑)

●ホボントースト
http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=1949
posted by トモくま at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ソウル旅行記_2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする