2017年06月11日

【14】高千穂牛レストラン和

さっ、そろそろランチタイム♪
旅行前に「阿蘇の赤牛を食べたい」と調べてたけどなぜかいつも赤牛にご縁がなく今回も時間的に合わなかったので、ならば高千穂牛を!と高千穂周辺でお店を調べてたら、焼肉 初栄の評判が良さそうだったけど月曜定休。ならば、系列店の肉工房 初栄なら火曜定休なので開いてるはずとお店に行ってみたら、やってない…。えっ、なんで!?

しょうがないので第2候補に挙げてた高千穂牛レストラン和(なごみ)へ。JAが経営されてるお店です。
ランチは焼肉とステーキがあったけど、高千穂牛ロースステーキランチ(2,600円)に。
高千穂牛レストラン和

お肉は100gの次は200gしかなく、100gじゃ物足りないかなぁと思ったけど、全然ノープロブレム。ってか、100g以上あったんじゃない?と思うボリュームで、脂もいい具合で美味しいお肉でした(^-^)

ランチにはドリンクも付いてて、あえてコーヒーじゃなく日向夏ジュースを。宮崎特産の日向夏。ジュースやソフトクリーム、ドレッシングにスイーツと、色々加工品は食べてるものの、そういえば実物は食べたことないかも(^^;

お店はがまだせ市場内にあって、実はランチじゃなく後からじっくりがまだせ市場を見に来る予定だったけど、うーん、道の駅同様、こっちもぼちぼち。
posted by トモくま at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

【13】国見ヶ丘

サクサクと高千穂観光。続いては高千穂峡や高千穂神社からは少し離れた「国見ヶ丘」へ。
駐車場から展望台へ行く途中、風が強くて日傘がさせない(^^;

国見ヶ丘からは青々とした高千穂盆地が見渡せ、遠くには阿蘇の涅槃像も見えます。
国見ヶ丘からの眺め

あっ、展望台で高千穂見守り隊を発見!
国見ヶ丘の建磐龍命の像

組体操しているのではありません(笑)
国見ヶ丘は神武天皇の孫・建磐龍命が九州統治の際に立ち寄って国見をされたという伝説の丘だそうで、これは建磐龍命の像。

ここは雲海の名所のようで、秋の早朝は運が良ければ雲海が見られるそうです。見たいな〜、雲海。
http://takachiho-kanko.info/sightseeing/kunimigaoka.php
posted by トモくま at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

【12】高千穂神社

高千穂峡から今度は高千穂神社へ。
車通りの多い交差点にあるのに鳥居をくぐった瞬間、あっ、空気が変わった!
パワースポットと言われるのも頷ける、いい感じの神社です(^-^)
高千穂神社

境内はそれほど広くないけど立派な杉が何本もあって、なんか癒される。
高千穂神社

毎日、夜に高千穂神楽を奉納してるようですが、今回は日帰りだったので断念。
次の国見ヶ丘に向かう途中、道の駅「高千穂」に寄ったけど、うーん…。期待してただけにちょっと消化不良(^^;
posted by トモくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

【11】高千穂峡 御塩井駐車場

高千穂峡にはいくつか駐車場があって、今回止めたのはボート乗り場に一番近い御塩井(おしおい)駐車場。
ボートは待ち時間がかかると書いてあったので、まずはボート乗り場まで行こうと御塩井駐車場に向かった結果、掲げられてた残念看板(^^;
ボート閉鎖!

事前に調べてたら「御塩井駐車場すぐに満車になる」と書かれてましたが、私たちが着いた月曜日9時半ごろはまだ余裕がありました。それほど広くないので散策してお土産買って戻ってきたら満車になってたけど。

ちなみに高千穂峡の遊歩道近くの駐車場は、
・大橋駐車場 無料
・あららぎ駐車場 300円
・御塩井駐車場 500円
と真名井の滝やボート乗り場に近くなるにつれ駐車料金が高くなるけど、遊歩道を往復するなら結局どこに止めてもそれほど変わらないような気が(^^;

そうそう、遊歩道の入口付近、高千穂峡の碑のところにお食事処やお土産屋さんが並んでて、ここにあった高千穂観光協会の直営売店の品揃えがなかなか私のココロくすぐるものが多く、個人的には道の駅「高千穂」よりもここのが良かったので、行かれる方はゼヒ。

これは御塩井駐車場の入口のところにあったお店で買った、日向夏&マンゴーのミックスソフト おいり(あられ)付き。
日向夏&マンゴーのミックスソフト

コロコロ可愛い「おいり」という結婚式の引き出物につかうあられが付いてたけど、これがサクッと軽くほんのりシナモンの風味がして、思ったよりソフトクリームと合ってました(^-^)
posted by トモくま at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

【10】高千穂峡 遊歩道

3日目、今回の旅行のメインイベント、ずっと念願だった高千穂へ。なんとなく「遠い」というイメージがあって行きたいと思いつつ行けてませんでしたが、八百万の神に会いに意を決して!って私は助手席で座ってるだけだけど(笑)
朝6時に中津を出発。行きは阿蘇・高森経由で、いっぱい山を超えて高千穂に到着〜っ。

まずは高千穂峡へ。ボートに乗りたかったけど、先日の雨で増水しててボート乗り場まで水が上がって浸水してるとのことでこの日はボート閉鎖。残念(>_<)

遊歩道を歩きながら真名井の滝。
高千穂峡 真名井の滝

ボートに乗ってこの滝の下まで漕いでいきたかったけど、逆にボートが閉鎖してたので神秘的な真名井の滝の写真が撮れました(^-^)
数日前の雨で増水しててこの日も水が濁ってましたが、お土産屋さんのおばちゃん曰く「前日はコーヒー色の濁流だった」とのこと(^^;

ここも有名な写真スポット「三段橋」。
1つの渓谷に3本のアーチ橋が架かるのは全国でも初めてだそうです。
高千穂峡 三段橋

この辺りは岩壁も面白い。
高千穂峡の岩壁

苔むした岩と新緑で緑の世界。
高千穂峡の遊歩道

ボート乗り場のある御塩井駐車場を出発して遊歩道をぶらぶら歩いてあららぎ駐車場で折り返して1時間ちょっと。マイナスイオンをたっぷり浴びながら快適な散策。
月曜日だったことと、幸い海外観光客の団体さんと逆ルートで歩いたので(御塩井駐車場には大型バスは入れない)、ゆっくり遊歩道を歩けました(^-^)
posted by トモくま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

【9】道の駅「さがのせき」

臼杵から、次の目的地はやっぱり道の駅(笑)
海沿いの道を走って、道の駅「さがのせき」へ。

道の駅の前の海では、ひじき(だと思う)を収穫してました。
奈良県民なので、海を見ればとりあえずテンションが上がる(笑)
道の駅「さがのせき」の前の海

こちら、クロメたこやき。
クロメたこやき

クロメはこの辺で採れる昆布みたいな海藻で、写真じゃ分かりにくいけどソースが糸を引いてます(^^; でも味はソースが勝ってて普通のたこ焼き。

ほかにも売店では佐賀関の特産の関サバ・関アジの加工品や、「くろめソフト」とかもあったし、こじんまりした道の駅だったけど、なかなか私のココロをくすぐるものが多くて合格!(笑)

そして高速にのる前にスーパーでご当地食材を買い出し。地元の港であがった豊後水道の鯵やとびうお、お刺身が安い! お昼ゴハンとかぶるけど、また新鮮なお魚を買って2日目はお魚DAYとなりました。
posted by トモくま at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

【8】国宝 臼杵石仏

佐伯から今度は臼杵に向かい、国宝 臼杵石仏へ。
駐車場から参道を歩いて石仏ゾーンへ。事前に下調べもせず来たので大きい石仏がどーんとあるのかな?と思ったら、そんなに広くない範囲に石仏が60体以上!
臼杵石仏

途中、参道で蛇に遭遇。ギャー(>_<)
石仏が点在しているエリアは坂や階段を歩くので膝の痛い母たちは大変そうだったので、山の中へと階段をあがっていく日吉神社へは母たちを残しシロちゃんと2人で。

スタンプラリーのように順番に石仏を見て回り(※スタンプはありません(笑))、最後に一番有名っぽい古園石仏。
臼杵石仏

奈良で仏像は見慣れてますが、こんなに石仏をまとめて見たのは初めて。
石仏群のある丘の上から見下ろせる公園は整備されてて、蓮池もあるみたいだし、お花のシーズンに合わせて来るとキレイかも。

あっ、参道のお土産屋さんで見つけた「臼杵せんべいソフトクリーム」。
生乳ソフトの上に生姜はちみつと砕いた臼杵せんべいがトッピングされてて、これ意外と好きかも(^-^)
臼杵せんべいソフトクリーム
posted by トモくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

【7】道の駅「やよい」と佐伯ごまだし

佐伯に来たら買いたかった「ごまだし」。ごまだしは、“焼いたエソ類などの魚の身、胡麻を擂り潰して、醤油等を混ぜて作られる大分県佐伯市の調味料”(by.wiki)だそうで、数年前のケンミンSHOWで紹介されてて、当時シロちゃんに「ごまだし欲しい」と言ったら「中津では見かけない」と言われたような。

で、調べてたらケンミンSHOWで紹介されたのがひもの屋ヤマジンという会社のごまだしだったようで、ヤマジンの佐伯工場直売所に行ったらお休み…。しまった、日曜だった(>_<)
でもヤマジンのごまだしが道の駅でも販売してると書いてあったので、道の駅「やよい」へ。まぁ、ごまだしが売ってようとなかろうと、道の駅好きなので寄りますが(笑)

道の駅「やよい」には何種類かごまだしが売ってたので、要冷蔵じゃなく常温で持って帰れる2種類を買ってみました。
佐伯ごまだし

左がヤマジンのもの。ほかのごまだしは瓶詰めだったけど、これだけはチューブタイプ。魚はかますが使われていて、滑らかなペースト状でお味もクリーミーな印象。

右の本匠のごまだしは一般的なエソが使われてて、原材料を見ると醤油だけじゃなく味噌も入ってます。こちらは素材のつぶつぶ感が残ってました。

味は想像してた感じだったけど、お湯に溶いて使うだけなので便利。「ごまだしうどん」として食べるのが一般的みたいだけど、私は具を入れて朝からお味噌汁代わりにしたりもしてます。これからの季節、冷やし素麺のつゆにするのもいいかも(^-^)
posted by トモくま at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

【6】佐伯「塩湯」の海鮮丼

こっちに来るまで2日目はノープランで、前日に飲みながら「どこ行く?」と相談して、3日目はお肉ガッツリDAYだったので(1日目もだけど(^^;)、お魚を食べに行こうということで2日目は大分の海の幸を求めて南下して佐伯へ。
シロちゃんが中津に引っ越して来て10年ちょっと。何度も大分に来てるのに、実は別府より南に下ったことがなかったんです。

そんなワケで、目指したのは佐伯にある「塩湯」名物の海鮮丼!
11時開店で私たちがついた10:40ごろで既に12組、11:00には21組待ち。ひぇーっ、のどかな海沿いの町なのに、ここだけ人だかり!
開店時に入れたのは9組目までで、残念ながら私たちは2巡目。結局席につけたのが11:40ごろだったかな。

もちろん注文したのは海鮮丼。これで1,200円!
「塩湯」の海鮮丼

鯵、鯛、はまち、きびなご、ひおうぎ貝、いくら、ウニ…。お刺身もりもり(^-^)
お刺身は厚切りで、なんだ?このはまちの弾力は。お魚が多すぎてご飯が余らない。これはお値打ち♪

「塩湯」はその名の通りお風呂もあって、待ち時間の間に入浴されてる方もいました。きっとこれがベストな待ち時間の使い方だな。
佐伯の塩湯

●塩湯
https://tabelog.com/oita/A4401/A440105/44001101/
posted by トモくま at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

【5】ウェルカム焼肉

そしてシロちゃんちに戻って、夜は豊後牛の焼肉♡
大分の一番搾りも用意しておいてくれて至れり尽くせり♪
豊後牛焼肉
焼肉たべながら、また唐揚げも食べてるし(笑)

私からのお土産は奈良の地酒の「風の森」。この前、奈良のお店で飲んでおいしくて(^-^)
奈良のお酒「風の森」

奈良の酒屋さんに買いに行ったら、風の森が10種類ほど並んでいて、「この前お店で飲んだら、フルーティーで少し発泡してたんです」って言ったら、「それが風の森の特徴です。どんなフルーティな味でしたか?」って聞かれて困りました(^^;
ちなみにお店の人曰く、
白のラベルは「甘みと酸味のバランスがいい」、
茶色のラベルは「バナナとパイナップルの香りがする甘くて芳醇な味わい」
とのことで2本を飲み比べたかったので大分まで持ってきちゃった(笑) あっ、茶色のラベルも別にバナナ味の日本酒ではないですよ(^^; バナナ嫌いのシロちゃんも飲めてたし。

こんな感じで初日からたっぷり食べました(^-^)
posted by トモくま at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 高千穂・佐伯旅行記_2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする